松井・由伸が揃って尻込みする巨人監督「非情人事」の歴史

公開日:  更新日:

「将来の指導者の一角を占める柱のひとつ。十分勉強してもらいたい」

 15日、都内で開かれた巨人のスタッフ会議。初めて出席した打撃コーチ兼任の高橋由伸(39)について、白石オーナーはこう続けた。

「今年40歳。コーチとして次の世代の若い選手にノウハウを伝授していく責任がある」

 原監督は原監督で会議中、「兼任」という難しい立場の高橋由へ全面的に協力するよう他のコーチ陣に呼び掛けたという。

 が、コーチとしての“初仕事”を終えた本人は「不思議な感じがした」と繰り返し、オーナーの「将来の指導者」発言にも、「いずれそういうふうになれるかどうかは、これからの努力次第」とそっけない。「まずは選手として頑張りたい。コーチとしての目標? コーチとして準備をしてきたわけではないので、なかなかないよね」とピンときていない様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る