日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

目の色変える阪神・鳥谷 それでも消えない周囲との“シコリ”

 阪神の宜野座キャンプ初日、ひときわ目立ったのが鳥谷敬(33)だった。

 通常の打撃練習に加えて、別メニューで計200スイング。初日から精力的に汗を流す姿に、和田監督も目立った選手として名前を挙げたほど。「いいシーズンにしたい。(今年は)個人的に悩んだ末の1年なので」とは、練習後の本人のコメントだ。

 海外FAを宣言しながら、メジャーから本人が望むようなオファーがなく結局、阪神に残留。条件は「5年20億円」ともいわれ、「な~んだ、要するにカネが欲しかっただけじゃないか」という声がチーム内外から上がった。

 あれこれ言われないためにも、初日から目の色を変えるのは当然。それくらいで周囲に残ったメジャー挑戦断念のシコリが消えるとも思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事