目の色変える阪神・鳥谷 それでも消えない周囲との“シコリ”

公開日:  更新日:

 阪神の宜野座キャンプ初日、ひときわ目立ったのが鳥谷敬(33)だった。

 通常の打撃練習に加えて、別メニューで計200スイング。初日から精力的に汗を流す姿に、和田監督も目立った選手として名前を挙げたほど。「いいシーズンにしたい。(今年は)個人的に悩んだ末の1年なので」とは、練習後の本人のコメントだ。

 海外FAを宣言しながら、メジャーから本人が望むようなオファーがなく結局、阪神に残留。条件は「5年20億円」ともいわれ、「な~んだ、要するにカネが欲しかっただけじゃないか」という声がチーム内外から上がった。

 あれこれ言われないためにも、初日から目の色を変えるのは当然。それくらいで周囲に残ったメジャー挑戦断念のシコリが消えるとも思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る