• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「垣根涼介にハマってます」 日ハム木佐貫は意外にも“読書家”

 木佐貫は、時間ができると小説を手に取る。

「キャンプになると活字欠乏症になってしまうんです。文庫なら1日で読み切ることもあります」という読書家がキャンプに持ち込んだのが、「ハマっているんです」という垣根涼介の「君たちに明日はない」。05年に山本周五郎賞を受賞した同作はシリーズ化され、テレビドラマにもなった。

「主人公はリストラ請負会社の面接官なんですが、リストラされる人々の苦悩が伝わってきますね。一般企業の人たちも、対人関係に悩んでモチベーションが上がらず力が発揮できないこともあるのかなと思ったり。野球界にいる自分に置き換えて読んでいます。僕は野球という好きなことを仕事にしているわけですから、もっともっと野球に打ち込みたいと改めて思いました」

 世間では活字離れが叫ばれて久しいが、「本や新聞は手に取って目で読んで、パラパラとめくるという作業がある。五感で触れるというのがいいですよね」と木佐貫。異質な野球人である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る