「垣根涼介にハマってます」 日ハム木佐貫は意外にも“読書家”

公開日:  更新日:

 木佐貫は、時間ができると小説を手に取る。

「キャンプになると活字欠乏症になってしまうんです。文庫なら1日で読み切ることもあります」という読書家がキャンプに持ち込んだのが、「ハマっているんです」という垣根涼介の「君たちに明日はない」。05年に山本周五郎賞を受賞した同作はシリーズ化され、テレビドラマにもなった。

「主人公はリストラ請負会社の面接官なんですが、リストラされる人々の苦悩が伝わってきますね。一般企業の人たちも、対人関係に悩んでモチベーションが上がらず力が発揮できないこともあるのかなと思ったり。野球界にいる自分に置き換えて読んでいます。僕は野球という好きなことを仕事にしているわけですから、もっともっと野球に打ち込みたいと改めて思いました」

 世間では活字離れが叫ばれて久しいが、「本や新聞は手に取って目で読んで、パラパラとめくるという作業がある。五感で触れるというのがいいですよね」と木佐貫。異質な野球人である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る