「責任取る」 薬物で出場停止のA・ロッドが手書き謝罪文公開

公開日: 更新日:

 薬物規定違反により昨シーズン全試合の出場停止処分を受けたヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手(39)は17日、ファンに対し手書きの謝罪文を発表した。

 2枚の紙に書かれた謝罪文で、ロドリゲスは「ファンの皆さま。2014年のシーズンに出場停止処分を受けた原因となった過ちに関し、全面的に責任を取ります。自分の行動が、必要以上に事態を悪化させてしまったことを後悔しています。MLB、ヤンキース、スタインブレナー家、選手会、そしてファンの皆さま、私に言えるのは、申し訳なかった、ということだけです」などと謝罪した。

 ロドリゲスは、禁止薬物に関する大リーグ機構の調査を妨害し、処分を受けた後も球団に不満をぶちまけるなどして事態を悪化させた。

 1年の出場停止が終わり、ロドリゲスがどのようなプレーを見せてくれるかに注目が集まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  5. 5

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る