「責任取る」 薬物で出場停止のA・ロッドが手書き謝罪文公開

公開日: 更新日:

 薬物規定違反により昨シーズン全試合の出場停止処分を受けたヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手(39)は17日、ファンに対し手書きの謝罪文を発表した。

 2枚の紙に書かれた謝罪文で、ロドリゲスは「ファンの皆さま。2014年のシーズンに出場停止処分を受けた原因となった過ちに関し、全面的に責任を取ります。自分の行動が、必要以上に事態を悪化させてしまったことを後悔しています。MLB、ヤンキース、スタインブレナー家、選手会、そしてファンの皆さま、私に言えるのは、申し訳なかった、ということだけです」などと謝罪した。

 ロドリゲスは、禁止薬物に関する大リーグ機構の調査を妨害し、処分を受けた後も球団に不満をぶちまけるなどして事態を悪化させた。

 1年の出場停止が終わり、ロドリゲスがどのようなプレーを見せてくれるかに注目が集まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る