• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤンキースがA・ロッドの「28億円ボーナス」支払いを拒否

 禁止薬物に手を染めた代償は高くつきそうだ。

 ドーピングによる出場停止処分から2年ぶりにメジャーに復帰するヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手(39)のことだ。

 地元紙「ニューヨーク・デーリー・ニューズ」(電子版)が26日(日本時間27日)に報じたところによれば、ヤンキースは07年にロドリゲスと交わした記録達成ボーナスの支払い拒否を検討しているという。

 ロドリゲスの契約には歴代のメジャー本塁打記録を超えるごとに600万ドル(約7億2000万円)のボーナスを受け取る条項が盛り込まれている。バリー・ボンズが持つ歴代最多の762本を更新すれば、最大で2400万ドル(約28億8000万円)を手にするという。

 現在、歴代5位の654本塁打を放っているロドリゲスは、同4位のウィリー・メイズの660本超えまであと7本に迫っている。

 今季中の達成は十分に可能だが、ヤンキースは昨季の出場停止を問題視しており、ボーナス契約の無効を訴えるとみられる。

 ヤンキースは法的手段も辞さない構えを見せているだけに泥沼の訴訟劇が繰り広げられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る