ヤンキースがA・ロッドの「28億円ボーナス」支払いを拒否

公開日: 更新日:

 禁止薬物に手を染めた代償は高くつきそうだ。

 ドーピングによる出場停止処分から2年ぶりにメジャーに復帰するヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手(39)のことだ。

 地元紙「ニューヨーク・デーリー・ニューズ」(電子版)が26日(日本時間27日)に報じたところによれば、ヤンキースは07年にロドリゲスと交わした記録達成ボーナスの支払い拒否を検討しているという。

 ロドリゲスの契約には歴代のメジャー本塁打記録を超えるごとに600万ドル(約7億2000万円)のボーナスを受け取る条項が盛り込まれている。バリー・ボンズが持つ歴代最多の762本を更新すれば、最大で2400万ドル(約28億8000万円)を手にするという。

 現在、歴代5位の654本塁打を放っているロドリゲスは、同4位のウィリー・メイズの660本超えまであと7本に迫っている。

 今季中の達成は十分に可能だが、ヤンキースは昨季の出場停止を問題視しており、ボーナス契約の無効を訴えるとみられる。

 ヤンキースは法的手段も辞さない構えを見せているだけに泥沼の訴訟劇が繰り広げられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る