日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャイアンツ決断 MVP左腕バムガーナーを今季序盤“温存”

 昨季、球団史上8度目の世界一を達成したジャイアンツが19日、アリゾナ州スコッツデールでバッテリー組のキャンプをスタートさせた。

 昨季、リーグ優勝決定戦とワールドシリーズでMVPに選ばれたエース左腕のマディソン・バムガーナー(25)は初日からブルペン入りするなど、精力的に汗を流した。

 今オフは青木宣親(33=前ロイヤルズ)を獲得するなど、補強もそれなりに行い、下馬評の高いジャイアンツ。メジャーを代表する左腕であるバムガーナーの出来がチームの浮沈を左右しそうだが、球団の方針からスロースタートになる。

 エース左腕は開幕投手(4月6日のダイヤモンドバックス戦)が有力視されていたが、ボウチー監督は「2カード目に先発するだろう」と、同9日のパドレス戦での起用を示唆。球数は100球以内に制限すると明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事