弟子入り志願者も 阪神若手好投の陰に“師匠”呉昇桓の助言

公開日: 更新日:

 中西投手コーチが「(若手の中で)金田が一番いい」と褒め称えれば、ネット裏で視察したスコアラーも、「成果は徐々に表れている。この日の最速は145キロ。ストレートのキレと球威が増したことで、フォークがさらに効果的となっている。カーブとの球速差は実に51キロ。カーブをもっと磨けば、打者はさらにストレートを速く感じる。厄介ですよ」と、警戒を強めている。

 実戦で好投を続けるもう一人の「弟子」である金田は同日、宜野座でゴメス相手に実戦形式の打撃投手を務めて10打席で2安打に封じ、「きっかけが掴めそうな投球」と手ごたえを口にした。

 阪神は今キャンプ、大物OB投手の江夏豊氏を臨時コーチに招いた。その成果が出るかは今後次第とはいえ、すでに呉のもとには今オフの弟子入りを志願している若手もいるという。

 今季、両右腕が開眼するようなら、和田監督は呉に足を向けて寝られまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  3. 3

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  8. 8

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る