昨年とは大違い サク越え連発の阪神ゴメスに“2冠王”の予感

公開日: 更新日:

「ケガさえしなければナンも心配いらんて」と言うのはある阪神OBだ。

 パスポートの盗難で来日が遅れた阪神のゴメスが18日、フリー打撃でサク越えを連発(写真)。調整不足を懸念していた和田監督は「昨年とは違うなというスイングができている。体が絞れて切れが出てくれば、もっと飛距離が出る」と言った。

 昨年は開幕直前でもボールが上がらず、ライナーやドライブ回転の打球が多かった。今年は2月中旬からスタンドにポンポン運んでいるから、むしろ調整は早いといえる。

 来日1年目も長女の体調不良などでキャンプ合流は2月11日までズレ込んだ。グラウンドにやってくると、「足が張ってる」といってはズル休み。初の実戦は3月15日まで延びた。それでも終わってみれば109打点でタイトルを獲得。チームの日本シリーズ進出に貢献した。

「昨シーズンの本塁打王は広島のエルドレッドで37本。ゴメスは26本やろ。日本に慣れた2年目の今年は2冠もあるんとちゃうか」と、先のOBは言うのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る