• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昨年とは大違い サク越え連発の阪神ゴメスに“2冠王”の予感

「ケガさえしなければナンも心配いらんて」と言うのはある阪神OBだ。

 パスポートの盗難で来日が遅れた阪神のゴメスが18日、フリー打撃でサク越えを連発(写真)。調整不足を懸念していた和田監督は「昨年とは違うなというスイングができている。体が絞れて切れが出てくれば、もっと飛距離が出る」と言った。

 昨年は開幕直前でもボールが上がらず、ライナーやドライブ回転の打球が多かった。今年は2月中旬からスタンドにポンポン運んでいるから、むしろ調整は早いといえる。

 来日1年目も長女の体調不良などでキャンプ合流は2月11日までズレ込んだ。グラウンドにやってくると、「足が張ってる」といってはズル休み。初の実戦は3月15日まで延びた。それでも終わってみれば109打点でタイトルを獲得。チームの日本シリーズ進出に貢献した。

「昨シーズンの本塁打王は広島のエルドレッドで37本。ゴメスは26本やろ。日本に慣れた2年目の今年は2冠もあるんとちゃうか」と、先のOBは言うのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る