昨年とは大違い サク越え連発の阪神ゴメスに“2冠王”の予感

公開日: 更新日:

「ケガさえしなければナンも心配いらんて」と言うのはある阪神OBだ。

 パスポートの盗難で来日が遅れた阪神のゴメスが18日、フリー打撃でサク越えを連発(写真)。調整不足を懸念していた和田監督は「昨年とは違うなというスイングができている。体が絞れて切れが出てくれば、もっと飛距離が出る」と言った。

 昨年は開幕直前でもボールが上がらず、ライナーやドライブ回転の打球が多かった。今年は2月中旬からスタンドにポンポン運んでいるから、むしろ調整は早いといえる。

 来日1年目も長女の体調不良などでキャンプ合流は2月11日までズレ込んだ。グラウンドにやってくると、「足が張ってる」といってはズル休み。初の実戦は3月15日まで延びた。それでも終わってみれば109打点でタイトルを獲得。チームの日本シリーズ進出に貢献した。

「昨シーズンの本塁打王は広島のエルドレッドで37本。ゴメスは26本やろ。日本に慣れた2年目の今年は2冠もあるんとちゃうか」と、先のOBは言うのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  5. 5

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る