“御前試合”で萎縮プレーぱかり 阪神若手は深刻アピール不足

公開日: 更新日:

「今日見たぐらいでは……」と言いつつも、今季初の対外試合を観戦した阪神トップに笑顔はなかった。

 投打で期待の若手をずらりと並べて挑んだ11日の日本ハムとの練習試合は1-3で敗戦。大卒2年目の梅野(23)と陽川(23)、高卒4年目の西田(21)が安打を放ったものの、4番・伊藤隼(25)と1番に座った新人の江越(ドラフト3位=駒大)は4タコ。安打を放った西田は一塁守備で初回にいきなりタイムリーエラーを犯すなど、主力の上本、大和は別格としても、台頭が望まれる若手連中は総じてアピール不足。御前試合がお寒い結果となった。

 当の坂井オーナーは、「期待からはちょっと外れた。(全体的に)いい印象はとくにないけど、もうちょっとペースを上げて、今出ている選手にさらに力強くアピールをしてもらわないと」と、選手たちに活を入れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る