日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“御前試合”で萎縮プレーぱかり 阪神若手は深刻アピール不足

「今日見たぐらいでは……」と言いつつも、今季初の対外試合を観戦した阪神トップに笑顔はなかった。

 投打で期待の若手をずらりと並べて挑んだ11日の日本ハムとの練習試合は1-3で敗戦。大卒2年目の梅野(23)と陽川(23)、高卒4年目の西田(21)が安打を放ったものの、4番・伊藤隼(25)と1番に座った新人の江越(ドラフト3位=駒大)は4タコ。安打を放った西田は一塁守備で初回にいきなりタイムリーエラーを犯すなど、主力の上本、大和は別格としても、台頭が望まれる若手連中は総じてアピール不足。御前試合がお寒い結果となった。

 当の坂井オーナーは、「期待からはちょっと外れた。(全体的に)いい印象はとくにないけど、もうちょっとペースを上げて、今出ている選手にさらに力強くアピールをしてもらわないと」と、選手たちに活を入れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事