“御前試合”で萎縮プレーぱかり 阪神若手は深刻アピール不足

公開日: 更新日:

「今日見たぐらいでは……」と言いつつも、今季初の対外試合を観戦した阪神トップに笑顔はなかった。

 投打で期待の若手をずらりと並べて挑んだ11日の日本ハムとの練習試合は1-3で敗戦。大卒2年目の梅野(23)と陽川(23)、高卒4年目の西田(21)が安打を放ったものの、4番・伊藤隼(25)と1番に座った新人の江越(ドラフト3位=駒大)は4タコ。安打を放った西田は一塁守備で初回にいきなりタイムリーエラーを犯すなど、主力の上本、大和は別格としても、台頭が望まれる若手連中は総じてアピール不足。御前試合がお寒い結果となった。

 当の坂井オーナーは、「期待からはちょっと外れた。(全体的に)いい印象はとくにないけど、もうちょっとペースを上げて、今出ている選手にさらに力強くアピールをしてもらわないと」と、選手たちに活を入れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る