日ハム中田翔が大谷と新人時代比較 「僕は何でもアリだった」

公開日:  更新日:

 日本ハムといえば、二刀流の大谷翔平(20)が注目されている。3年目の今季は開幕投手に指名され、今やエースに成長。昨年は10本塁打をマークして打者としても貴重な戦力だ。24日の紅白戦ではその大谷から右中間へ豪快アーチを飛ばした中田翔(25)は、日本代表の4番が貫禄を見せつけた。中田翔はその大谷をどう見ているのか。

――後輩の大谷選手について聞かせてください。3年目の今年は投打ともに変わってきましたか? 「飛距離は中田選手以上」という声もありますが。

「まあ、そこはあまり僕が言うことでもないですけど……。意識は変わってきたと思います。周囲、報道陣からの目にも慣れてきてるんじゃないですか。今年が一番、リラックスしたキャンプを迎えていると思いますよ。どうしても初めの頃は、本人が『意識していない』と言っても、意識してしまうものだから。僕ももちろん、そうだった。そういう変なプレッシャーもこれまで受けてきたと思う。でも、今年は練習や試合を見ていても、すごく気持ち良さそうにプレーしている。だから、僕も楽しみですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る