日ハム中田翔が大谷と新人時代比較 「僕は何でもアリだった」

公開日: 更新日:

 日本ハムといえば、二刀流の大谷翔平(20)が注目されている。3年目の今季は開幕投手に指名され、今やエースに成長。昨年は10本塁打をマークして打者としても貴重な戦力だ。24日の紅白戦ではその大谷から右中間へ豪快アーチを飛ばした中田翔(25)は、日本代表の4番が貫禄を見せつけた。中田翔はその大谷をどう見ているのか。

――後輩の大谷選手について聞かせてください。3年目の今年は投打ともに変わってきましたか? 「飛距離は中田選手以上」という声もありますが。

「まあ、そこはあまり僕が言うことでもないですけど……。意識は変わってきたと思います。周囲、報道陣からの目にも慣れてきてるんじゃないですか。今年が一番、リラックスしたキャンプを迎えていると思いますよ。どうしても初めの頃は、本人が『意識していない』と言っても、意識してしまうものだから。僕ももちろん、そうだった。そういう変なプレッシャーもこれまで受けてきたと思う。でも、今年は練習や試合を見ていても、すごく気持ち良さそうにプレーしている。だから、僕も楽しみですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  8. 8

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

もっと見る