日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季も「縦スラ」挑戦…マエケンに懸念される“昨季の二の舞”

 開幕投手が内定している広島の前田健太(26)が1日、DeNAとの練習試合で実戦初登板。3回1安打の好投で順調な調整ぶりを見せた。

 前田はキャンプで落差のある「縦スラ」の習得に挑戦。この日の試合でも「今しかできないから」と落ちるスライダーを勝負どころで投じながら感触を確かめた。

 この前田の試みは早ければ今オフともいわれるメジャー移籍を見据えたものだろう。昨季もこの時期、同じことを試していた。しかし、縦スラにこだわるあまり、自身の武器だった大きく横に変化するスライダーのキレが半減。シーズン開幕直前に縦スラの習得を断念した経緯がある。

 今季は「リーグ優勝+最多勝」がメジャー移籍に向けての最低条件といわれる前田。同じ失敗を繰り返さなければいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事