• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

G戦今季初勝利も…マエケンと広島野手陣に“微妙な距離”

 広島の前田健太(25)がやっと本領を発揮した。8回を115球、2安打、1四球、7三振を奪う無失点投球。今季巨人戦初勝利を挙げた。

 完璧だった。五回まで許した走者は四球の1人のみ。無安打無得点の期待が膨らみ始めた六回、片岡の左中間への飛球を左翼のロサリオと中堅の丸がお見合いし、不運な二塁打となったものの、エースらしい投球で、ここまで0勝3敗だった巨人戦で意地を見せた。

 ここのところ、前田が投げる試合は援護が少ない。ポロポロとエラーも出る。なぜか集中力を欠いたプレーが続出すると関係者は心配していた。

 球宴後、この試合の前までの登板8試合の援護は1試合平均で3・13点。前回の中日戦は前田が投げている間は援護点が0だった。打てないだけでなく、守備も後半戦だけで、自身も含め5失策。この日も外野手のお見合いでノーヒットノーランの大記録がパーになった。さる球団関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る