G戦今季初勝利も…マエケンと広島野手陣に“微妙な距離”

公開日:  更新日:

 広島の前田健太(25)がやっと本領を発揮した。8回を115球、2安打、1四球、7三振を奪う無失点投球。今季巨人戦初勝利を挙げた。

 完璧だった。五回まで許した走者は四球の1人のみ。無安打無得点の期待が膨らみ始めた六回、片岡の左中間への飛球を左翼のロサリオと中堅の丸がお見合いし、不運な二塁打となったものの、エースらしい投球で、ここまで0勝3敗だった巨人戦で意地を見せた。

 ここのところ、前田が投げる試合は援護が少ない。ポロポロとエラーも出る。なぜか集中力を欠いたプレーが続出すると関係者は心配していた。

 球宴後、この試合の前までの登板8試合の援護は1試合平均で3・13点。前回の中日戦は前田が投げている間は援護点が0だった。打てないだけでなく、守備も後半戦だけで、自身も含め5失策。この日も外野手のお見合いでノーヒットノーランの大記録がパーになった。さる球団関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る