G戦今季初勝利も…マエケンと広島野手陣に“微妙な距離”

公開日:  更新日:

 広島の前田健太(25)がやっと本領を発揮した。8回を115球、2安打、1四球、7三振を奪う無失点投球。今季巨人戦初勝利を挙げた。

 完璧だった。五回まで許した走者は四球の1人のみ。無安打無得点の期待が膨らみ始めた六回、片岡の左中間への飛球を左翼のロサリオと中堅の丸がお見合いし、不運な二塁打となったものの、エースらしい投球で、ここまで0勝3敗だった巨人戦で意地を見せた。

 ここのところ、前田が投げる試合は援護が少ない。ポロポロとエラーも出る。なぜか集中力を欠いたプレーが続出すると関係者は心配していた。

 球宴後、この試合の前までの登板8試合の援護は1試合平均で3・13点。前回の中日戦は前田が投げている間は援護点が0だった。打てないだけでなく、守備も後半戦だけで、自身も含め5失策。この日も外野手のお見合いでノーヒットノーランの大記録がパーになった。さる球団関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る