渡米1カ月半「収入ゼロ」 横峯さくらの米ツアー参戦は失敗か

公開日:  更新日:

「30歳を目の前にして、アメリカツアーに挑戦するとは正直、思っていませんでした」

 今季から米ツアーに主戦場を移した横峯さくら(29)が、自身のブログ(1月20日)でこう思いをつづっている。

 開幕戦(1月28~31日)に合わせ、1月19日に早々と渡米。だが、最終QT11位タイのさくらには出場資格が与えられず、会場で観戦するしかなかった。これまで出場できたのは2試合だけで、それも連続予選落ち。今季の獲得賞金はいまだにゼロだ。昨年の全米女子オープンでは自己ベストで、日本人最高の7位に入っているだけに、「こんなハズじゃなかった」と思っているだろう。試合に出られないこと自体が大誤算だった。

 さくらはもともと肉体的に厳しい米ツアー参戦は眼中になかった。激しい時差ボケや移動時間や距離の長さ、食事に関する不安などから、これまで海外大会への出場は極力避けてきた。そんなさくらが米女子ツアー参戦を決意したのは、メンタルトレーナー森川陽太郎氏と結婚してからだ。「主人と二人三脚でトライできるのは大きい」(さくら)と、語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る