渡米1カ月半「収入ゼロ」 横峯さくらの米ツアー参戦は失敗か

公開日: 更新日:

「30歳を目の前にして、アメリカツアーに挑戦するとは正直、思っていませんでした」

 今季から米ツアーに主戦場を移した横峯さくら(29)が、自身のブログ(1月20日)でこう思いをつづっている。

 開幕戦(1月28~31日)に合わせ、1月19日に早々と渡米。だが、最終QT11位タイのさくらには出場資格が与えられず、会場で観戦するしかなかった。これまで出場できたのは2試合だけで、それも連続予選落ち。今季の獲得賞金はいまだにゼロだ。昨年の全米女子オープンでは自己ベストで、日本人最高の7位に入っているだけに、「こんなハズじゃなかった」と思っているだろう。試合に出られないこと自体が大誤算だった。

 さくらはもともと肉体的に厳しい米ツアー参戦は眼中になかった。激しい時差ボケや移動時間や距離の長さ、食事に関する不安などから、これまで海外大会への出場は極力避けてきた。そんなさくらが米女子ツアー参戦を決意したのは、メンタルトレーナー森川陽太郎氏と結婚してからだ。「主人と二人三脚でトライできるのは大きい」(さくら)と、語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る