「Youは何しに日本へ?」 西武ルブランがローテ落ち危機

公開日: 更新日:

 西武の“珍助っ人”がいきなり炎上した。初先発となった楽天戦で、ルブランが初回に6失点。楽天の新助っ人ウィーラーに3ランを浴びるなどいいところはなく、4回8安打3四球、7失点でマウンドを降りた。

 このルブラン、1月の来日時にテレビ東京系の「Youは何しに日本へ?」の取材を受けた選手。成田空港で来日する外国人を直撃して、文字通り「何をしに来たのか」に焦点を当てる番組だ。新外国人だけに番組スタッフもルブランの顔を知る由もなく、本人も当初は「スシを食べにきたのさ」とジョークを言っていた。

 米国ではパドレス、マーリンズ、アストロズ、ヤンキース、エンゼルスと所属球団を転々と変え、メジャーと3Aを行ったり来たりしていた一軍半の投手。それでも西武は年俸1億2000万円と先発ローテの一角として期待していた。

 ルブランは試合後、「次は頑張るよ」と話したものの、田辺監督は「チャンスはあと1回」とバッサリ。本当に「何しに来たんだ?」と言われかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る