「Youは何しに日本へ?」 西武ルブランがローテ落ち危機

公開日:  更新日:

 西武の“珍助っ人”がいきなり炎上した。初先発となった楽天戦で、ルブランが初回に6失点。楽天の新助っ人ウィーラーに3ランを浴びるなどいいところはなく、4回8安打3四球、7失点でマウンドを降りた。

 このルブラン、1月の来日時にテレビ東京系の「Youは何しに日本へ?」の取材を受けた選手。成田空港で来日する外国人を直撃して、文字通り「何をしに来たのか」に焦点を当てる番組だ。新外国人だけに番組スタッフもルブランの顔を知る由もなく、本人も当初は「スシを食べにきたのさ」とジョークを言っていた。

 米国ではパドレス、マーリンズ、アストロズ、ヤンキース、エンゼルスと所属球団を転々と変え、メジャーと3Aを行ったり来たりしていた一軍半の投手。それでも西武は年俸1億2000万円と先発ローテの一角として期待していた。

 ルブランは試合後、「次は頑張るよ」と話したものの、田辺監督は「チャンスはあと1回」とバッサリ。本当に「何しに来たんだ?」と言われかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る