• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「Youは何しに日本へ?」 西武ルブランがローテ落ち危機

 西武の“珍助っ人”がいきなり炎上した。初先発となった楽天戦で、ルブランが初回に6失点。楽天の新助っ人ウィーラーに3ランを浴びるなどいいところはなく、4回8安打3四球、7失点でマウンドを降りた。

 このルブラン、1月の来日時にテレビ東京系の「Youは何しに日本へ?」の取材を受けた選手。成田空港で来日する外国人を直撃して、文字通り「何をしに来たのか」に焦点を当てる番組だ。新外国人だけに番組スタッフもルブランの顔を知る由もなく、本人も当初は「スシを食べにきたのさ」とジョークを言っていた。

 米国ではパドレス、マーリンズ、アストロズ、ヤンキース、エンゼルスと所属球団を転々と変え、メジャーと3Aを行ったり来たりしていた一軍半の投手。それでも西武は年俸1億2000万円と先発ローテの一角として期待していた。

 ルブランは試合後、「次は頑張るよ」と話したものの、田辺監督は「チャンスはあと1回」とバッサリ。本当に「何しに来たんだ?」と言われかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る