• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武の新助っ人ルブラン データでは本拠地との「相性最悪」

 救世主か、被本塁打王か。

 12日に西武が獲得を発表したウェイド・ルブラン投手(30=前エンゼルス)。メジャーでは通算107試合で21勝33敗。今季は11試合で1勝1敗とはいえ、パドレス時代の10年は8勝(12敗)を挙げたこともある。西武は先発左腕が手薄なことから期待が高い。

 ただ、気になるのが球場との相性だ。パドレス時代は本拠地での登板に限れば、防御率2.96だった。これは外野が広く、投手有利といわれたペトコ・パークが本拠地だったためだ。逆にビジター球場では防御率6.16と倍以上に跳ね上がっている。

 ルブランは直球の平均が140キロ程度と、変化球主体の軟投派左腕。ボールが軽く、狭い球場だと一発を浴びやすいのだろう。そんなルブランが来季から本拠地とする西武ドームも本塁打が出やすい。今季の119本塁打はパの球場トップ。背面の山から外野方面に吹き下ろす風に加え、低いフェンスが打者有利の球場にしているのだ。

 ルブランの年俸は1億2000万円。ひょっとすると、「高い買い物」になってしまうかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る