西武の新助っ人ルブラン データでは本拠地との「相性最悪」

公開日: 更新日:

 救世主か、被本塁打王か。

 12日に西武が獲得を発表したウェイド・ルブラン投手(30=前エンゼルス)。メジャーでは通算107試合で21勝33敗。今季は11試合で1勝1敗とはいえ、パドレス時代の10年は8勝(12敗)を挙げたこともある。西武は先発左腕が手薄なことから期待が高い。

 ただ、気になるのが球場との相性だ。パドレス時代は本拠地での登板に限れば、防御率2.96だった。これは外野が広く、投手有利といわれたペトコ・パークが本拠地だったためだ。逆にビジター球場では防御率6.16と倍以上に跳ね上がっている。

 ルブランは直球の平均が140キロ程度と、変化球主体の軟投派左腕。ボールが軽く、狭い球場だと一発を浴びやすいのだろう。そんなルブランが来季から本拠地とする西武ドームも本塁打が出やすい。今季の119本塁打はパの球場トップ。背面の山から外野方面に吹き下ろす風に加え、低いフェンスが打者有利の球場にしているのだ。

 ルブランの年俸は1億2000万円。ひょっとすると、「高い買い物」になってしまうかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る