直球150キロ 高卒新人西武・高橋光に「安楽以上」の評価

公開日:  更新日:

 ある球団の投手コーチに言わせると、高卒ルーキーのほとんどはキャンプで「お客さん」だという。

「だってそうでしょう。3年生は夏の大会が終わる8月に引退。国体までプレーしたとしても、10月中旬には野球漬けの生活から解放される。いきおい、羽も伸ばすし、遊びだって覚える。2~4カ月間、まったくといっていいくらい体を動かさずに1月の新人合同自主トレを迎える選手がほとんどなんです。キャンプといっても体づくりから始めなきゃならないケースが圧倒的に多い」

 そんな中、初の実戦で152キロの速球を投げたのが西武のドラフト1位ルーキー高橋光成(前橋育英)だ。18日、高知で行われた阪神との練習試合に先発。高校時代の自己最速を3キロ上回る152キロの速球で1回を1安打無失点に抑えた。

 高校2年生ながら一昨年の夏の甲子園の優勝投手。その後、右ヒジを痛めていたものの、回復するどころかさらにスケールアップ。高卒ルーキーがこの時期に実戦で150キロを連発するのは、夏の大会後も地道にトレーニングを続けていた何よりの証しだ。

 高卒ルーキーで注目されている楽天の安楽(済美)は、二軍監督からも体力不足を指摘されている。知名度では安楽に劣っても、一軍でバリバリ投げるのは高橋の方が早そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る