西武・本塁打王メヒアの“肥満化”で…中村紀洋が再就職も?

公開日: 更新日:

 3度、あの男がどん底から這い上がるかもしれない。

 DeNAをクビになり、浪人を続ける中村紀洋(41)に、西武入りの目が出てきた。発端となったのが、本塁打王を「おかわりくん」の方の中村と分け合ったメヒア(29)の肥満化だ。

 メヒアは昨季、5月からの途中加入ながら、34本塁打を打ってタイトルを獲得。年俸も3600万円から5倍の1億8000万円に跳ね上がった。

 しかし、これに満足したのか、オフはベネズエラの家族の元でのんべんだらり。帰国から来日までの4カ月でつけた8キロのぜい肉を引っさげてキャンプインした。当然、マトモに動けず、フリー打撃でも打球を飛ばすどころか、「打った手がしびれる!」という始末だ。1年目の活躍に慢心し、2年目以降は使い物にならなくなった助っ人は枚挙にいとまがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る