選考前からスカウトが密かに注目 春のセンバツ“大穴候補”

公開日:  更新日:

「とにかく打線が強力。甲子園で旋風を巻き起こす可能性はあるよ」

 東北地区担当の在京球団某スカウトが言った。

 3月21日に開幕する春の甲子園。出場32校は今月23日に開かれる選考委員会で決定するが、早くも「大穴候補」としてプロのスカウト、アマチュア野球関係者の間で注目されている高校がある。

 春夏通じて初の甲子園出場が確実視される、公立校・大曲工である。

 秋田1位で出場した昨秋の東北大会は準優勝。延長再試合を含めた全5戦で計57安打、25得点と爆発した強打は、「花火打線」と称される。地元で開かれる日本三大花火大会のひとつ、「大曲全国花火競技大会」に負けぬ迫力があると評判だ。

 今センバツの本命は、昨秋の明治神宮大会を制した宮城・仙台育英といわれるが、大曲工は東北大会決勝でその仙台育英と対戦。4-10で敗れはしたものの、優勝候補筆頭を相手に11安打を放って爪痕を残した。

「大曲工はエース格の右腕で4番も兼ねる武田龍成を中心にまとまりもある」(冒頭のスカウト)

 東北の公立校だからと侮れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る