選考前からスカウトが密かに注目 春のセンバツ“大穴候補”

公開日: 更新日:

「とにかく打線が強力。甲子園で旋風を巻き起こす可能性はあるよ」

 東北地区担当の在京球団某スカウトが言った。

 3月21日に開幕する春の甲子園。出場32校は今月23日に開かれる選考委員会で決定するが、早くも「大穴候補」としてプロのスカウト、アマチュア野球関係者の間で注目されている高校がある。

 春夏通じて初の甲子園出場が確実視される、公立校・大曲工である。

 秋田1位で出場した昨秋の東北大会は準優勝。延長再試合を含めた全5戦で計57安打、25得点と爆発した強打は、「花火打線」と称される。地元で開かれる日本三大花火大会のひとつ、「大曲全国花火競技大会」に負けぬ迫力があると評判だ。

 今センバツの本命は、昨秋の明治神宮大会を制した宮城・仙台育英といわれるが、大曲工は東北大会決勝でその仙台育英と対戦。4-10で敗れはしたものの、優勝候補筆頭を相手に11安打を放って爪痕を残した。

「大曲工はエース格の右腕で4番も兼ねる武田龍成を中心にまとまりもある」(冒頭のスカウト)

 東北の公立校だからと侮れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る