「有原は右肘に不安あり」 早慶戦登板でスカウトが“再指摘”

公開日:  更新日:

「正直、無理して取りに行かなくてよかった」

 3日に行われた東京六大学野球の早慶戦。観客席にいた某スカウトがこう評したのが、4回5安打1失点に終わった早大右腕・有原航平(4年=日本ハムドラフト1位指名)のことだ。

 有原といえば、150キロ以上の速球がウリ。先月のドラフト会議では「大学ナンバーワンの即戦力投手」として4球団から1位指名を受けた。

 ところが、この日の直球の最速は147キロで、大半は130キロ台後半止まり。投球内容も変化球が中心で、フォームも以前のような躍動感はなく、軽く投げているのは一目瞭然。今夏に右肘を故障した影響が残っているようだ。冒頭のスカウトが言う。

「ウチも当初は有原君の1位指名を検討していました。でも、本人がいまだに肘に不安を抱えていることが分かったんです。今日の投球フォームを見ても分かるように、今の彼は肘をかばうあまり、極端に言えば手首で投げている感じ。本人は不安がなくなれば、以前のフォームに戻すつもりでしょうが、フォームは一度変えてしまうとクセが付いて元に戻すのに長い時間を要する。それではリスクが高いと判断して指名を回避したのです。他の球団も指名重複を避けるというよりは、同じような理由から有原君の回避に動いたと聞いています。当初8~9球団が1位指名するといわれていたのに、最終的に4球団しかいかなかったのは、そういうことでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る