「有原は右肘に不安あり」 早慶戦登板でスカウトが“再指摘”

公開日: 更新日:

「正直、無理して取りに行かなくてよかった」

 3日に行われた東京六大学野球の早慶戦。観客席にいた某スカウトがこう評したのが、4回5安打1失点に終わった早大右腕・有原航平(4年=日本ハムドラフト1位指名)のことだ。

 有原といえば、150キロ以上の速球がウリ。先月のドラフト会議では「大学ナンバーワンの即戦力投手」として4球団から1位指名を受けた。

 ところが、この日の直球の最速は147キロで、大半は130キロ台後半止まり。投球内容も変化球が中心で、フォームも以前のような躍動感はなく、軽く投げているのは一目瞭然。今夏に右肘を故障した影響が残っているようだ。冒頭のスカウトが言う。

「ウチも当初は有原君の1位指名を検討していました。でも、本人がいまだに肘に不安を抱えていることが分かったんです。今日の投球フォームを見ても分かるように、今の彼は肘をかばうあまり、極端に言えば手首で投げている感じ。本人は不安がなくなれば、以前のフォームに戻すつもりでしょうが、フォームは一度変えてしまうとクセが付いて元に戻すのに長い時間を要する。それではリスクが高いと判断して指名を回避したのです。他の球団も指名重複を避けるというよりは、同じような理由から有原君の回避に動いたと聞いています。当初8~9球団が1位指名するといわれていたのに、最終的に4球団しかいかなかったのは、そういうことでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る