日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

桑田真澄ジュニアがプロ志望届 スカウトが一笑に付した実力

「桑田Jr.プロ志望届提出!」

 こんな見出しの記事がスポーツ紙に載った。

 元巨人投手の桑田真澄(46)の長男で桜美林大4年の真樹外野手が、今月23日のドラフトでプロ入りを目指すというのだ。昨7日、実際にプロ志望届を提出したことが、全日本大学野球連盟のホームページ上で公表された。スポーツ紙には、「広角に打てるし、足も速い」とのオヤジのコメントも載っていたが、ドラフトで指名される可能性はあるのか。

「プロの評価?評価も何も、うちはドラフト候補のリストにさえ載せていない。ほかの球団も一緒だろ。各球団は毎年、200人前後のドラフト候補をリストアップするけど、そこにも入っていない。高校(桜美林)でも大学でも、桑田の息子の名前をスカウトの仲間内から聞いたことはない」

 とは、在京球団のベテランスカウト。案の定、一笑に付すのだが、それもそのはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事