名伯楽が頭下げて起用打診 オリ中島に期待される“恩返し”

公開日: 更新日:

 名伯楽が心血を注いだ弟子のひとりが、オリックスの中島裕之(32)だ。

 西武時代、高卒4年目の04年に開幕一軍に抜擢された。これは当時、ヘッドコーチを務めていた土井正博氏の推薦だ。不動の遊撃手だった松井稼頭央(現楽天)が前年にメジャー移籍。誰を後釜にするかと首脳陣が悩む中、土井氏が名前を挙げたのが中島だ。

 しかし、当時の中島は03年に一軍で44試合に出場するも、遊撃を守ったのはわずか2試合。その守備も、お世辞にもうまいとは言えなかった。守り勝つ野球をモットーとする伊東監督(現ロッテ)以下、首脳陣が難色を示す中、土井氏は頭を下げてこう言った。

「片目を、いや両目をつぶってこいつを使ってやってください! 必ず、監督に恩返しをする選手になりますから!」

 その後の中島の活躍は語るまでもないだろう。

 4日のオープン戦(中日)では四球と内野ゴロ。都落ちのような形で日本球界に復帰したが、師匠の恩に報いるためにも今季はやるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  5. 5

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  6. 6

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  7. 7

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  8. 8

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  9. 9

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  10. 10

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

もっと見る