• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

名伯楽が頭下げて起用打診 オリ中島に期待される“恩返し”

 名伯楽が心血を注いだ弟子のひとりが、オリックスの中島裕之(32)だ。

 西武時代、高卒4年目の04年に開幕一軍に抜擢された。これは当時、ヘッドコーチを務めていた土井正博氏の推薦だ。不動の遊撃手だった松井稼頭央(現楽天)が前年にメジャー移籍。誰を後釜にするかと首脳陣が悩む中、土井氏が名前を挙げたのが中島だ。

 しかし、当時の中島は03年に一軍で44試合に出場するも、遊撃を守ったのはわずか2試合。その守備も、お世辞にもうまいとは言えなかった。守り勝つ野球をモットーとする伊東監督(現ロッテ)以下、首脳陣が難色を示す中、土井氏は頭を下げてこう言った。

「片目を、いや両目をつぶってこいつを使ってやってください! 必ず、監督に恩返しをする選手になりますから!」

 その後の中島の活躍は語るまでもないだろう。

 4日のオープン戦(中日)では四球と内野ゴロ。都落ちのような形で日本球界に復帰したが、師匠の恩に報いるためにも今季はやるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る