メーカーは球児青田買い こんなにある高校球界“不正の手口”

公開日:  更新日:

「規模はともかく、私立校の不正なんて珍しくないよ」

 私学で野球部コーチを務めたこともある元教員が言う。24日に発覚した大阪桐蔭の不正問題。保護者たちからだまし取った裏金は総額5億円以上に上り、塾関係者などへの接待費として1億円が使われていた。

 冒頭の元教員は「他の私立強豪校の話だが」と、こう続ける。

「野球部の監督と部長がグルになって保護者から搾取している。その学校は主に遠征費を多めに請求。大阪桐蔭の教材費のように、これも相場なんてあってないようなものだからね。部員の数が多い私立校では、メーカーと組んでユニホームなどの用具費を高めに設定している。外部の業者からすれば、用具などを発注する権限のある担当教員さえ抱き込めばいい。野球部なら部長先生。教師なんて世間知らずばかりだから、ちょっと接待すればコロリといく。後は互いに利益が出るように値段を調整すればいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る