“キューバの至宝”DeNAグリエル争奪戦で飛び交う札束50億円

公開日: 更新日:

「オフは大争奪戦になるだろうね」
 某メジャースカウトがこう言った。「去年から継続して調査を続けている」と語る渦中の人物は、DeNAのキューバ人助っ人、ユリエスキ・グリエル(30)である。

 昨年、横浜スタジアムにはグリエルを視察するメジャー球団の幹部、スカウトが大挙して押し掛けた。

「中でも熱心だったのが二塁手候補に挙げていたヤンキースだよ。正二塁手だったカノが13年オフにマリナーズに移籍。計算の立つレギュラーはいまも不在で、1月にはキューバから亡命した二塁手のオリベラ(29)の獲得に1000万ドル(約12億円)を用意していると米メディアに報じられた。グリエルよりも格下の選手でこれだけの評価だから、4年4000万ドル(約48億円)程度まで条件が膨れ上がる可能性はある」(前出のスカウト)


 グリエルをめぐる動きは年が明けて、ますます活発化している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  10. 10

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る