日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人セペダ大減俸も殊勝なワケ 金額をキューバ換算すると…

 今月8日まで行われていたカリビアン・シリーズでMVP。母国キューバを優勝に導いた巨人のフレデリク・セペダ(34)が「去年とは違う」ともっぱらだ。

 沖縄キャンプに20日に合流するや、練習試合で特大弾。「見事」と原監督の目を細めさせた。DeNAのグリエルやロッテのデスパイネといったキューバ選手が開幕に間に合わないとされる中、キャンプ中に“マジメ”に合流した姿勢が、指揮官の評価を高めてもいる。

「キューバの至宝」といわれ、政府派遣第1号選手として来日した昨季は、打率.194、6本塁打、18打点とさっぱり。年俸1億5000万円から4000万円と大幅減俸されても、文句一つ言わずに巨人と再契約した。中南米野球事情に詳しい球界関係者が言う。

「キューバ政府派遣選手は年俸の20%を政府に支払う。4000万円で大減俸と言うけれど、800万円を国に払ってセペダの取り分は3200万円。これがどれほどの価値か。キューバの野球選手の月収は会社員とほぼ同じで2000円程度。日本とはゼロが2つ違うと考えても、30億円以上の価値になる。昨年、巨人からもらった年俸は1億5000万円。2割の3000万円を政府に払い、1億2000万円がセペダに入った。これはキューバでは120億円という天文学的な数字になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事