• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キューバ選手のメジャー流出加速 日本人野手には“狭き門”に

「本当に国交正常化が実現すれば、日本球界は対岸の火事では済まない」

 米国事情に詳しいアメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう言った。

 17日に米オバマ大統領がキューバとの国交正常化交渉に踏み出すことを表明。これを受けてMLB(大リーグ機構)は「各球団のビジネスの進め方に影響を及ぼすかどうか、情報を提供していく」とのコメントを発表した。これまでキューバの選手がメジャーでプレーするには亡命しか方法がなかったが、国交が回復すれば正々堂々と選手を獲得することができる。

 当然、これは日本球界にも影響を及ぼしそうだ。グリエル(DeNA)、デスパイネ(ロッテ)が来季も日本でプレーすることが決まっているが、ロッテの山室球団社長は「デスパイネはメジャーでも評価されている。規制がなくなればメジャーの草刈り場のようになり、選手を持っていかれる可能性は高い」との見解を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る