キューバ選手のメジャー流出加速 日本人野手には“狭き門”に

公開日:  更新日:

「本当に国交正常化が実現すれば、日本球界は対岸の火事では済まない」

 米国事情に詳しいアメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう言った。

 17日に米オバマ大統領がキューバとの国交正常化交渉に踏み出すことを表明。これを受けてMLB(大リーグ機構)は「各球団のビジネスの進め方に影響を及ぼすかどうか、情報を提供していく」とのコメントを発表した。これまでキューバの選手がメジャーでプレーするには亡命しか方法がなかったが、国交が回復すれば正々堂々と選手を獲得することができる。

 当然、これは日本球界にも影響を及ぼしそうだ。グリエル(DeNA)、デスパイネ(ロッテ)が来季も日本でプレーすることが決まっているが、ロッテの山室球団社長は「デスパイネはメジャーでも評価されている。規制がなくなればメジャーの草刈り場のようになり、選手を持っていかれる可能性は高い」との見解を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る