キューバ選手のメジャー流出加速 日本人野手には“狭き門”に

公開日: 更新日:

「本当に国交正常化が実現すれば、日本球界は対岸の火事では済まない」

 米国事情に詳しいアメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう言った。

 17日に米オバマ大統領がキューバとの国交正常化交渉に踏み出すことを表明。これを受けてMLB(大リーグ機構)は「各球団のビジネスの進め方に影響を及ぼすかどうか、情報を提供していく」とのコメントを発表した。これまでキューバの選手がメジャーでプレーするには亡命しか方法がなかったが、国交が回復すれば正々堂々と選手を獲得することができる。

 当然、これは日本球界にも影響を及ぼしそうだ。グリエル(DeNA)、デスパイネ(ロッテ)が来季も日本でプレーすることが決まっているが、ロッテの山室球団社長は「デスパイネはメジャーでも評価されている。規制がなくなればメジャーの草刈り場のようになり、選手を持っていかれる可能性は高い」との見解を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る