• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

田中将大の右肘をMLBが徹底分析 「PRP療法」本格調査へ

 ヤンキース・田中将大(26)の回復具合を球団はもちろん、大リーグ機構(MLB)も関心を寄せているという。

 昨年7月に右肘靱帯を部分断裂。複数のチームドクターの診断を受けた結果、田中はトミー・ジョン(腱の修復)手術ではなく、多血小板血漿(PRP)療法を選択した。肘にメスを入れると復帰までに最短でも1年2カ月を要するが、PRPなら早ければ約6週間で戦列に戻れる。田中以外にもこの療法を選ぶ投手は近年増えている。

 もっとも、米国で1000人(マイナーリーガーも含む)近くが受けたトミー・ジョン手術とは違い、普及して間もないPRP療法は症例が少ない。エース級で復帰を果たしたのはカージナルス・ウェインライト(33)、ドジャース・グリンキー(31)、ツインズ・サンタナ(32)ぐらいなものだ。

 ここ数年は若手の有望株やエース級に肘の故障が続出している。今季もすでにレンジャーズ・ダルビッシュ(28)、メッツ・ウィーラー(24)ら好投手が肘にメスを入れてシーズンを棒に振ることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る