田中将大の右肘をMLBが徹底分析 「PRP療法」本格調査へ

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(26)の回復具合を球団はもちろん、大リーグ機構(MLB)も関心を寄せているという。

 昨年7月に右肘靱帯を部分断裂。複数のチームドクターの診断を受けた結果、田中はトミー・ジョン(腱の修復)手術ではなく、多血小板血漿(PRP)療法を選択した。肘にメスを入れると復帰までに最短でも1年2カ月を要するが、PRPなら早ければ約6週間で戦列に戻れる。田中以外にもこの療法を選ぶ投手は近年増えている。

 もっとも、米国で1000人(マイナーリーガーも含む)近くが受けたトミー・ジョン手術とは違い、普及して間もないPRP療法は症例が少ない。エース級で復帰を果たしたのはカージナルス・ウェインライト(33)、ドジャース・グリンキー(31)、ツインズ・サンタナ(32)ぐらいなものだ。

 ここ数年は若手の有望株やエース級に肘の故障が続出している。今季もすでにレンジャーズ・ダルビッシュ(28)、メッツ・ウィーラー(24)ら好投手が肘にメスを入れてシーズンを棒に振ることになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る