開幕投手に決まったヤンキース田中 「ツーシーム」の落とし穴

公開日: 更新日:

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すヤンキース・田中将大(26)がオープン戦で順調な仕上がりを見せている。

 25日(日本時間26日)のメッツ戦こそ一発を浴びるなど五回途中4安打3失点だったが、ここまで3試合(計10回3分の1)に登板し、防御率1.74。その安定感を買われ開幕投手を務めることが決まった。本拠地ニューヨークで行われる4月6日(同7日午前2時5分開始)のブルージェイズ戦に先発する。

 オープン戦では昨季、習得に励んだツーシームを駆使。相手打者のボールゾーンからストライクゾーン、逆にストライクゾーンからボールゾーンに変化する球を武器に凡打の山を築いている。相手打者のタイミングを外して少ない球数で打ち取り、右肘への負担を軽くしようと考えている。

 昨季、同僚だった黒田(現広島)に伝授された新球をオープン戦から惜しげもなく使っているものの、落とし穴もある。

 米記録サイト「ファングラフス」によれば、昨季の黒田が投じたツーシームは1228球。そのうち、ストライク率は56.3%だ。ツーシーム主体の単調な組み立てになると、相手打者に見逃されてカウントを悪くするケースが少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット