PRP療法の専門家指摘 「田中投手は完治したわけではない」

公開日: 更新日:

 今季中の実戦復帰は果たしたが、依然として不安はぬぐい去れない。右肘靭帯を部分断裂したヤンキース・田中将大(25)には、今もトミー・ジョン手術(腱の再建手術)の可能性がささやかれているからだ。

 今後の田中について、ジラルディ監督は「もう一度、痛みが出たら手術することになる」と繰り返し、1年以上を棒に振ってでも完治を優先させる方針だという。

 田中がチームドクターの指示で選択したのはPRP(多血小板血漿療法)といわれる再生治療だ。患部の血液を採取し、血小板から取り出した高濃度の成長因子を注射して自然治癒能力を促進させるものだ。

 ここ数年、メジャーでは肘にメスを入れるのを避けるため、トミー・ジョン手術を受ける前に、この治療法を選択するケースが増えているという。

 田中は7月14日にニューヨーク市内でPRP注射をうけた。その後は治療とリハビリの甲斐もあり、順調に回復。約2カ月で戦列復帰を果たしたが、それでもまだ肘は万全とはいえないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る