PRP療法の専門家指摘 「田中投手は完治したわけではない」

公開日: 更新日:

 今季中の実戦復帰は果たしたが、依然として不安はぬぐい去れない。右肘靭帯を部分断裂したヤンキース・田中将大(25)には、今もトミー・ジョン手術(腱の再建手術)の可能性がささやかれているからだ。

 今後の田中について、ジラルディ監督は「もう一度、痛みが出たら手術することになる」と繰り返し、1年以上を棒に振ってでも完治を優先させる方針だという。

 田中がチームドクターの指示で選択したのはPRP(多血小板血漿療法)といわれる再生治療だ。患部の血液を採取し、血小板から取り出した高濃度の成長因子を注射して自然治癒能力を促進させるものだ。

 ここ数年、メジャーでは肘にメスを入れるのを避けるため、トミー・ジョン手術を受ける前に、この治療法を選択するケースが増えているという。

 田中は7月14日にニューヨーク市内でPRP注射をうけた。その後は治療とリハビリの甲斐もあり、順調に回復。約2カ月で戦列復帰を果たしたが、それでもまだ肘は万全とはいえないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る