MLBで深刻な“黒人離れ” 日本人選手は今後も好機が続く

公開日: 更新日:

 3月7日、米国の公民権運動の転機となった1965年の「セルマ大行進」(黒人市民の白人への抗議行動)から50年が経った。確かに、この50年間で黒人の法的な地位は格段に向上した。しかし、昨年8月にミズーリ州ファーガソンで黒人の青年が白人警官に射殺されたファーガソン事件は、現在の米国社会に依然として残る人種間の対立や格差の根深さを物語っている。そのような対立や格差は、「国民の娯楽」とも称されるメジャーリーグでも例外ではない。

 メジャーリーグの各球団は入場料を年平均2%ずつ値上げしており、全球団の平均入場料は約28ドル(約3360円)、ホットドッグが約4ドル(約480円)、ビールは1杯約6ドル(約720円)、ソフトドリンクも約4ドルが平均的な値段となっている。家族4人で球場に行くと入場料だけで100ドル(約1万2000円)以上が必要になるメジャーリーグは、今やファンにとって気軽な娯楽ではなく、出費のかさむ行楽といえる。この10年で黒人の来場者数が減少する傾向にあるのは決して偶然ではなく、黒人の所得は白人の半分程度にとどまるとされる人種間の格差も影響を与えているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

もっと見る