中日に3連敗の巨人 「“新成”なら若い選手使え」とOBバッサリ

公開日: 更新日:

「前日(1日)の試合に先発した大竹が、わずか1試合で二軍落ちとなった。3回持たずにKOされたのだから、それは仕方がない。ただ、その大竹を首脳陣が口を揃えて突き放したのはちょっと違うでしょう」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言った。

 前日の試合後、7安打4失点で三回途中KOされた大竹を、斎藤投手コーチが「甘いから打たれる」と切り捨てれば、原監督も「次回の登板に期待? その言葉は当てはまらないだろうな」と即座に二軍行きを決めた。「オープン戦のときから状態が良くない。期待を込めて、先発させたけど……」と指揮官が言ったように、大竹はオープン戦3試合で防御率5・14とボロボロ。

 開幕直前の調整登板となった先月25日の二軍戦でも6回10安打4失点と炎上していただけに、高橋氏は、「そんな大竹をなぜ開幕ローテーションに入れたのか。そもそもこれが間違いのもとですよ。原監督は今年、『チームを解体する』と言い、スローガンに『新成』を掲げた。そうやってキャンプから競争意識をあおり、誰にでもチャンスがあると中堅若手の尻を叩きながら、ふたを開けたら結局、大竹のように実績や経験が優先される。言ってることとやってることが違うじゃないか、と選手はそういうことに敏感ですからね。そうやって選手のメンタルに影響していくのが怖い。首脳陣の言行不一致は攻撃陣にはさらに顕著ですからね」と、言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る