松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

国も巨人もやることなすこと辛気くさくて見ちゃいられねえや

公開日: 更新日:

 シーズンが始まったばかりでプロ野球評論家諸氏の順位予想ご宣託が大きく外れている。

 他のチームの主力をかき集めたオリックスは、戦力を使いきれずに低迷中。黒田や新井が戻った広島ももがいている。どちらも補強した大物や出戻りの使い道でベンチの腰が引け、いや~な空気が生え抜きの若手選手たちにまで感染したはやり病のような状態。

 そういう補強をあえてしなかった日本ハムやDeNAがのびのびと野球をやっているのとは、これが同じ野球かね? と思うばかりの差が見える。

 DeNAなんぞキューバのバリバリが急きょ来日を拒んだのが良かったのだ。ベンチ裏の便所にでも標語を張れや中畑。

「キューバしのぎじゃ乗り切れぬ。梶谷、筒香に不都合なし!」

 開幕以来よろけてつまずいた巨人にいたってはファンの愚痴が聞こえるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る