松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

国も巨人もやることなすこと辛気くさくて見ちゃいられねえや

公開日: 更新日:

 シーズンが始まったばかりでプロ野球評論家諸氏の順位予想ご宣託が大きく外れている。

 他のチームの主力をかき集めたオリックスは、戦力を使いきれずに低迷中。黒田や新井が戻った広島ももがいている。どちらも補強した大物や出戻りの使い道でベンチの腰が引け、いや~な空気が生え抜きの若手選手たちにまで感染したはやり病のような状態。

 そういう補強をあえてしなかった日本ハムやDeNAがのびのびと野球をやっているのとは、これが同じ野球かね? と思うばかりの差が見える。

 DeNAなんぞキューバのバリバリが急きょ来日を拒んだのが良かったのだ。ベンチ裏の便所にでも標語を張れや中畑。

「キューバしのぎじゃ乗り切れぬ。梶谷、筒香に不都合なし!」

 開幕以来よろけてつまずいた巨人にいたってはファンの愚痴が聞こえるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る