松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

国も巨人もやることなすこと辛気くさくて見ちゃいられねえや

公開日:  更新日:

 シーズンが始まったばかりでプロ野球評論家諸氏の順位予想ご宣託が大きく外れている。

 他のチームの主力をかき集めたオリックスは、戦力を使いきれずに低迷中。黒田や新井が戻った広島ももがいている。どちらも補強した大物や出戻りの使い道でベンチの腰が引け、いや~な空気が生え抜きの若手選手たちにまで感染したはやり病のような状態。

 そういう補強をあえてしなかった日本ハムやDeNAがのびのびと野球をやっているのとは、これが同じ野球かね? と思うばかりの差が見える。

 DeNAなんぞキューバのバリバリが急きょ来日を拒んだのが良かったのだ。ベンチ裏の便所にでも標語を張れや中畑。

「キューバしのぎじゃ乗り切れぬ。梶谷、筒香に不都合なし!」

 開幕以来よろけてつまずいた巨人にいたってはファンの愚痴が聞こえるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る