松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

昼間から6時間のキャンプ生中継もバカにしたもんじゃなかったぞ

公開日: 更新日:

 学校の部活でやってる野球とプロ野球は練習のレベルが、まるで違う何をいまさらの事実。つぶさに知るにはプロの練習をキャンプ地まで出向いて見るしかない。それがCSスポーツチャンネルの生中継で見られる時代になった。わたくしは今年は堪能した(暇だったせいもあるが)。

 内野を回る送球プレーの速さよ。グラブに球が収まるスッパン! という音の小気味よさよ。プロ野球のいわば生地、裁断、縫製の裏側までファンが生放送OBの解説付きで6時間、つぶさに享受できる時代となったのだ。何とぜいたくなことか。

 何よりも静かなのがいい。聞こえるは守備コーチの甲高い声と選手を鼓舞するBGMだけ。開幕すれば、歓声にへたくそトランペットのパラパラヒェ~のぷっぷくぷ~にやけくそ太鼓がドンドコ混じり、純粋に野球を楽しみたいファンにしてみりゃ、ただやかましいだけの中継と成り果てて辛抱たまらなくなるのに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る