松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

日本ハム開幕セレモニーでぶっ飛んだ 札幌ドームで“チャルメラ演奏”はないだろうよ

公開日: 更新日:

 中高とブラスバンド部で何度も「君が代」を演奏した経験から。「千代に八千代にさざれ~石の~」と重層的に金管楽器が積み上がり、小刻みな小太鼓がフェードインするあたりは、なかなか考えられた編曲だと思った。「君が代」演奏は難しい。日本固有の雅楽、越天楽の曲想に源がある。短音階だが厳かで世界中の国歌がファンファーレ系やマーチ系が多い中では珍しい。「君が代」演奏が最も似合ったのはロサンゼルス五輪、柔道の山下泰裕だったという気がする。柔道が日本発祥というバックボーンもあり、達成感と荘厳さがマッチした。

 相撲の千秋楽に音楽隊が生演奏するのも、「前奏に引き続きご唱和」と促すには旋律的な違和感があるが、そうしないと唱和できないのだからしかたがない。たとえ表彰する相手がずっとモンゴル人であろうが、相撲が日本発祥というバックボーンがあるからだ。サッカーのアウェーでの「君が代」も、伴奏がブラスバンドだと「不思議なおもろい旋律」となるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る