• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

日本ハム開幕セレモニーでぶっ飛んだ 札幌ドームで“チャルメラ演奏”はないだろうよ

 中高とブラスバンド部で何度も「君が代」を演奏した経験から。「千代に八千代にさざれ~石の~」と重層的に金管楽器が積み上がり、小刻みな小太鼓がフェードインするあたりは、なかなか考えられた編曲だと思った。「君が代」演奏は難しい。日本固有の雅楽、越天楽の曲想に源がある。短音階だが厳かで世界中の国歌がファンファーレ系やマーチ系が多い中では珍しい。「君が代」演奏が最も似合ったのはロサンゼルス五輪、柔道の山下泰裕だったという気がする。柔道が日本発祥というバックボーンもあり、達成感と荘厳さがマッチした。

 相撲の千秋楽に音楽隊が生演奏するのも、「前奏に引き続きご唱和」と促すには旋律的な違和感があるが、そうしないと唱和できないのだからしかたがない。たとえ表彰する相手がずっとモンゴル人であろうが、相撲が日本発祥というバックボーンがあるからだ。サッカーのアウェーでの「君が代」も、伴奏がブラスバンドだと「不思議なおもろい旋律」となるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る