• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

修復可能な右肘と修復不可能なアタマ… ダルビッシュとわが国の総理をくらべてみた

 米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手(28)が右肘の側副靱帯を損傷した。オフにさんざん調整してシーズンを目指したのに、オープン戦でたった12球しか投げられなかったのを揶揄する向きもあるが、気にすることはない。ダルビッシュは一見ずぶとい神経に見えるが案外、外野のささいなヤジに身をこわばらせる側面もあるとみた。雑音に惑わされずに医療に専念するのがよいと思う。

 側副靱帯は不測事態。……と書いて、あまりに発音が似ていることに驚いている。側副靱帯の損傷は不測の事態で、チームへの影響も甚大だろう。側副靱帯の損傷は甚大な事態で、即刻の克服は尋常ならず。あ、いくらでも言葉が浮かぶ。けがを悪く言う気はないので念のため。

 さて、直接ダルビッシュの靱帯損傷とは関連がなさそうな、君の母国の話に変わる。

 君は靱帯損傷からの復活を最優先しているが、君の母国の総理は原発の甚大な損傷からの県民の復活は最優先と言いながら後回しにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る