松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

修復可能な右肘と修復不可能なアタマ… ダルビッシュとわが国の総理をくらべてみた

公開日: 更新日:

 米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手(28)が右肘の側副靱帯を損傷した。オフにさんざん調整してシーズンを目指したのに、オープン戦でたった12球しか投げられなかったのを揶揄する向きもあるが、気にすることはない。ダルビッシュは一見ずぶとい神経に見えるが案外、外野のささいなヤジに身をこわばらせる側面もあるとみた。雑音に惑わされずに医療に専念するのがよいと思う。

 側副靱帯は不測事態。……と書いて、あまりに発音が似ていることに驚いている。側副靱帯の損傷は不測の事態で、チームへの影響も甚大だろう。側副靱帯の損傷は甚大な事態で、即刻の克服は尋常ならず。あ、いくらでも言葉が浮かぶ。けがを悪く言う気はないので念のため。

 さて、直接ダルビッシュの靱帯損傷とは関連がなさそうな、君の母国の話に変わる。

 君は靱帯損傷からの復活を最優先しているが、君の母国の総理は原発の甚大な損傷からの県民の復活は最優先と言いながら後回しにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る