松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

修復可能な右肘と修復不可能なアタマ… ダルビッシュとわが国の総理をくらべてみた

公開日:  更新日:

 米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手(28)が右肘の側副靱帯を損傷した。オフにさんざん調整してシーズンを目指したのに、オープン戦でたった12球しか投げられなかったのを揶揄する向きもあるが、気にすることはない。ダルビッシュは一見ずぶとい神経に見えるが案外、外野のささいなヤジに身をこわばらせる側面もあるとみた。雑音に惑わされずに医療に専念するのがよいと思う。

 側副靱帯は不測事態。……と書いて、あまりに発音が似ていることに驚いている。側副靱帯の損傷は不測の事態で、チームへの影響も甚大だろう。側副靱帯の損傷は甚大な事態で、即刻の克服は尋常ならず。あ、いくらでも言葉が浮かぶ。けがを悪く言う気はないので念のため。

 さて、直接ダルビッシュの靱帯損傷とは関連がなさそうな、君の母国の話に変わる。

 君は靱帯損傷からの復活を最優先しているが、君の母国の総理は原発の甚大な損傷からの県民の復活は最優先と言いながら後回しにしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る