松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

あやかりネームにゃ二流感しか漂わぬ

公開日: 更新日:

 プロ野球ファンでなければ、さっぱり意味の分からぬ言葉の羅列「浪速のカブレラ 西武のおかわりくん」。

 西武デパート食品売り場で売り出したカブとレタスとラッキョのお総菜で、ご飯のおかわりがしたくなると読み解いて、つまようじ持参でデパ地下に押し掛けるオバサンがいたりして(いるわけないが)。

 西武の中村剛也は大阪桐蔭時代、外国人強打者カブレラ選手のような打球を打つから「浪速のカブレラ」と呼ばれ、プロ入り後に「好きな言葉は?」と聞かれて「おかわりです」と答えたので「おかわりくん」とあだ名がついた。

 川崎宗則は「薩摩のイチロー」略して「サツロー」と呼ばれ、本人もその気になってプロ野球に入ってもイチローを追っかけてアメリカに渡って「ムネリンにしてサツロー」となった。野球音痴ならずとも「積まれる札束の高さが低いので札ロー」と読めるが、好きでやっているのだからよい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  9. 9

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る