松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

あやかりネームにゃ二流感しか漂わぬ

公開日:  更新日:

 プロ野球ファンでなければ、さっぱり意味の分からぬ言葉の羅列「浪速のカブレラ 西武のおかわりくん」。

 西武デパート食品売り場で売り出したカブとレタスとラッキョのお総菜で、ご飯のおかわりがしたくなると読み解いて、つまようじ持参でデパ地下に押し掛けるオバサンがいたりして(いるわけないが)。

 西武の中村剛也は大阪桐蔭時代、外国人強打者カブレラ選手のような打球を打つから「浪速のカブレラ」と呼ばれ、プロ入り後に「好きな言葉は?」と聞かれて「おかわりです」と答えたので「おかわりくん」とあだ名がついた。

 川崎宗則は「薩摩のイチロー」略して「サツロー」と呼ばれ、本人もその気になってプロ野球に入ってもイチローを追っかけてアメリカに渡って「ムネリンにしてサツロー」となった。野球音痴ならずとも「積まれる札束の高さが低いので札ロー」と読めるが、好きでやっているのだからよい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る