松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

あやかりネームにゃ二流感しか漂わぬ

公開日: 更新日:

 プロ野球ファンでなければ、さっぱり意味の分からぬ言葉の羅列「浪速のカブレラ 西武のおかわりくん」。

 西武デパート食品売り場で売り出したカブとレタスとラッキョのお総菜で、ご飯のおかわりがしたくなると読み解いて、つまようじ持参でデパ地下に押し掛けるオバサンがいたりして(いるわけないが)。

 西武の中村剛也は大阪桐蔭時代、外国人強打者カブレラ選手のような打球を打つから「浪速のカブレラ」と呼ばれ、プロ入り後に「好きな言葉は?」と聞かれて「おかわりです」と答えたので「おかわりくん」とあだ名がついた。

 川崎宗則は「薩摩のイチロー」略して「サツロー」と呼ばれ、本人もその気になってプロ野球に入ってもイチローを追っかけてアメリカに渡って「ムネリンにしてサツロー」となった。野球音痴ならずとも「積まれる札束の高さが低いので札ロー」と読めるが、好きでやっているのだからよい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  8. 8

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  9. 9

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  10. 10

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

もっと見る