泥沼7連敗で最下位独走 広島は“三重苦”でチームヘトヘト

公開日:  更新日:

 広島が7日の巨人戦も競り負け、泥沼の7連敗となった。2勝8敗でセの借金を独り占め。最下位独走態勢に入った。

 緒方監督がこの日、1番に入れた菊池の左前打から初回に幸先良く1点を先制したまでは良かった。だが、追加点が奪えない。先発の大瀬良は、八回まで3安打無失点の好投。完封勝利目前の九回に暗転した。左翼に守備固めで入った天谷が目測を誤り落球(記録は二塁打)。ここから同点に追いつかれ、140球を投げた大瀬良は無念の降板となった。

 延長十一回、1死二塁で三遊間の当たりを好捕した遊撃・田中が三塁へ悪送球。勝ち越し点を奪われジ・エンド。広島にとってはまさに悪夢。一方、5割復帰となった巨人の原監督は「九回の井端の同点打は大きかった? 2点しか取っていないんだから全てが大きいよ」とホクホク顔だった。

 実はこの指揮官、開幕前は広島を一番のライバルと見ていた。大学の講義で「黒田君がカープに復帰する。球界はもちろん、カープ全体もかなり平熱が上がる。いい沸騰状態で臨んでくる。要注意。強敵です」と熱く語っていた。巨人のチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る