泥沼7連敗で最下位独走 広島は“三重苦”でチームヘトヘト

公開日: 更新日:

 広島が7日の巨人戦も競り負け、泥沼の7連敗となった。2勝8敗でセの借金を独り占め。最下位独走態勢に入った。

 緒方監督がこの日、1番に入れた菊池の左前打から初回に幸先良く1点を先制したまでは良かった。だが、追加点が奪えない。先発の大瀬良は、八回まで3安打無失点の好投。完封勝利目前の九回に暗転した。左翼に守備固めで入った天谷が目測を誤り落球(記録は二塁打)。ここから同点に追いつかれ、140球を投げた大瀬良は無念の降板となった。

 延長十一回、1死二塁で三遊間の当たりを好捕した遊撃・田中が三塁へ悪送球。勝ち越し点を奪われジ・エンド。広島にとってはまさに悪夢。一方、5割復帰となった巨人の原監督は「九回の井端の同点打は大きかった? 2点しか取っていないんだから全てが大きいよ」とホクホク顔だった。

 実はこの指揮官、開幕前は広島を一番のライバルと見ていた。大学の講義で「黒田君がカープに復帰する。球界はもちろん、カープ全体もかなり平熱が上がる。いい沸騰状態で臨んでくる。要注意。強敵です」と熱く語っていた。巨人のチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る