• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

泥沼7連敗で最下位独走 広島は“三重苦”でチームヘトヘト

 広島が7日の巨人戦も競り負け、泥沼の7連敗となった。2勝8敗でセの借金を独り占め。最下位独走態勢に入った。

 緒方監督がこの日、1番に入れた菊池の左前打から初回に幸先良く1点を先制したまでは良かった。だが、追加点が奪えない。先発の大瀬良は、八回まで3安打無失点の好投。完封勝利目前の九回に暗転した。左翼に守備固めで入った天谷が目測を誤り落球(記録は二塁打)。ここから同点に追いつかれ、140球を投げた大瀬良は無念の降板となった。

 延長十一回、1死二塁で三遊間の当たりを好捕した遊撃・田中が三塁へ悪送球。勝ち越し点を奪われジ・エンド。広島にとってはまさに悪夢。一方、5割復帰となった巨人の原監督は「九回の井端の同点打は大きかった? 2点しか取っていないんだから全てが大きいよ」とホクホク顔だった。

 実はこの指揮官、開幕前は広島を一番のライバルと見ていた。大学の講義で「黒田君がカープに復帰する。球界はもちろん、カープ全体もかなり平熱が上がる。いい沸騰状態で臨んでくる。要注意。強敵です」と熱く語っていた。巨人のチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る