黒田フィーバーで早くもV候補 OBも首ひねる広島の前評判

公開日: 更新日:

「今季の巨人は去年までの圧倒的な強さはないかもしれない。かといって(広島が)優勝候補だなんて、前評判が高すぎる気がする」
 広島OBからはこんな声も出ている。

 4日、メジャーから復帰した黒田博樹(40)が本拠地・マツダスタジアムでシート打撃に登板。菊池、丸ら主力相手の計9打席を最速143キロのストレート、変化球を織り交ぜ無安打に抑えた。「グラウンドで感触や雰囲気に加え、試合に入る前の感覚をつかめた」と語った右腕は、本拠地で行われる8日のヤクルト戦でいよいよ実戦デビューする。

 すでに、黒田の公式戦復帰初登板が予定されている29日のチケットは、発売開始から3日間で完売。開幕に向けて「黒田フィーバー」はヒートアップする一方だが、これに前出のOBは心配顔を浮かべる。

「2年連続でAクラス入りし、黒田が復帰した今季は優勝のチャンス。ただ、チームが周囲の熱気にのみ込まれないかが心配だよ。本拠地で行われる7、8日のヤクルトとのオープン戦は、ローカル放送とはいえ、地上波で生中継を行うなど、かなり熱が入っている。両日はそれぞれ、エースのマエケンと黒田が先発するといわれているが、本拠地開催、テレビ中継に合わせての登板だともっぱらだからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る