• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒田フィーバーで早くもV候補 OBも首ひねる広島の前評判

「今季の巨人は去年までの圧倒的な強さはないかもしれない。かといって(広島が)優勝候補だなんて、前評判が高すぎる気がする」
 広島OBからはこんな声も出ている。

 4日、メジャーから復帰した黒田博樹(40)が本拠地・マツダスタジアムでシート打撃に登板。菊池、丸ら主力相手の計9打席を最速143キロのストレート、変化球を織り交ぜ無安打に抑えた。「グラウンドで感触や雰囲気に加え、試合に入る前の感覚をつかめた」と語った右腕は、本拠地で行われる8日のヤクルト戦でいよいよ実戦デビューする。

 すでに、黒田の公式戦復帰初登板が予定されている29日のチケットは、発売開始から3日間で完売。開幕に向けて「黒田フィーバー」はヒートアップする一方だが、これに前出のOBは心配顔を浮かべる。

「2年連続でAクラス入りし、黒田が復帰した今季は優勝のチャンス。ただ、チームが周囲の熱気にのみ込まれないかが心配だよ。本拠地で行われる7、8日のヤクルトとのオープン戦は、ローカル放送とはいえ、地上波で生中継を行うなど、かなり熱が入っている。両日はそれぞれ、エースのマエケンと黒田が先発するといわれているが、本拠地開催、テレビ中継に合わせての登板だともっぱらだからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る