黒田フィーバーで早くもV候補 OBも首ひねる広島の前評判

公開日: 更新日:

「今季の巨人は去年までの圧倒的な強さはないかもしれない。かといって(広島が)優勝候補だなんて、前評判が高すぎる気がする」
 広島OBからはこんな声も出ている。

 4日、メジャーから復帰した黒田博樹(40)が本拠地・マツダスタジアムでシート打撃に登板。菊池、丸ら主力相手の計9打席を最速143キロのストレート、変化球を織り交ぜ無安打に抑えた。「グラウンドで感触や雰囲気に加え、試合に入る前の感覚をつかめた」と語った右腕は、本拠地で行われる8日のヤクルト戦でいよいよ実戦デビューする。

 すでに、黒田の公式戦復帰初登板が予定されている29日のチケットは、発売開始から3日間で完売。開幕に向けて「黒田フィーバー」はヒートアップする一方だが、これに前出のOBは心配顔を浮かべる。

「2年連続でAクラス入りし、黒田が復帰した今季は優勝のチャンス。ただ、チームが周囲の熱気にのみ込まれないかが心配だよ。本拠地で行われる7、8日のヤクルトとのオープン戦は、ローカル放送とはいえ、地上波で生中継を行うなど、かなり熱が入っている。両日はそれぞれ、エースのマエケンと黒田が先発するといわれているが、本拠地開催、テレビ中継に合わせての登板だともっぱらだからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  7. 7

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る