7番左翼固定のジ軍青木 肉体改造で期待される本塁打量産

公開日: 更新日:

 起用法に悩まされることはなさそうだ。

 昨オフ、ロイヤルズからFAとなり、今年1月にジャイアンツと1年400万ドル(約4億8000万円)で契約。新天地では昨季までの右翼ではなく、左翼で起用される。昨季、主に左翼を務めたのはモース、ブランコの2人。モースはFAでマーリンズに移籍し、オフに再契約したブランコは攻守とも安定感に欠ける。ボウチー監督は青木を「7番・左翼」で起用する方針だ。

 昨季までの5年間で3度のワールドシリーズに導いた指揮官は攻守とも堅実なプレーを見せる青木をブルワーズ時代から高く評価。故障や極度の不振以外は、青木を左翼に固定するという。

 ロイヤルズ時代は試合終盤になると、判で押したように代打や守備固めを送られた。ヨスト監督の方針だった。守備、走塁に自信を持っている青木は「途中で交代させられるのは悔しく、食事が喉を通らなかったり、眠れないほど悩んだりもしました」と本紙のインタビューで胸の内を明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  8. 8

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る