• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7番左翼固定のジ軍青木 肉体改造で期待される本塁打量産

 起用法に悩まされることはなさそうだ。

 昨オフ、ロイヤルズからFAとなり、今年1月にジャイアンツと1年400万ドル(約4億8000万円)で契約。新天地では昨季までの右翼ではなく、左翼で起用される。昨季、主に左翼を務めたのはモース、ブランコの2人。モースはFAでマーリンズに移籍し、オフに再契約したブランコは攻守とも安定感に欠ける。ボウチー監督は青木を「7番・左翼」で起用する方針だ。

 昨季までの5年間で3度のワールドシリーズに導いた指揮官は攻守とも堅実なプレーを見せる青木をブルワーズ時代から高く評価。故障や極度の不振以外は、青木を左翼に固定するという。

 ロイヤルズ時代は試合終盤になると、判で押したように代打や守備固めを送られた。ヨスト監督の方針だった。守備、走塁に自信を持っている青木は「途中で交代させられるのは悔しく、食事が喉を通らなかったり、眠れないほど悩んだりもしました」と本紙のインタビューで胸の内を明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る