• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

環境は申し分なし…青木は「ジ軍入り」で大正解 これだけの理由

「いいチームに入ったんじゃないでしょうか」

 米西海岸の代理人関係者がこう言った。年俸400万ドル(約4億7000万円)で昨年のワールドシリーズを制したジャイアンツへの入団が決まった青木宣親(33)のことだ。

 ジャイアンツはここ5年で3回、ワールドチャンピオンに。青木の希望する「世界一を狙えるチーム」であることはもちろん、周囲の環境も本人にとって申し分ないからだ。

 青木のポジションは左翼で、打順は2番か、8番が濃厚だ。

 右翼手のペンス(31)は打線の中軸を打つスラッガー。中堅手のパガン(33)は昨季、3割をマークした1番打者。外野手2人は確定で、ライバルと呼べるのは昨年146試合に出場して打率2割6分のブランコ(31)ひとり。3年連続で打率2割8分、出塁率3割5分前後をマークした青木の敵ではないうえ、サビーンGMはベテラン重視。レギュラーを決めて戦うスタイルを好む。ゲーム終盤になると決まって代走や守備固めを送られた昨年のロイヤルズ時代と違って、青木は地に足を着けてプレーできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る