日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青木がジャイアンツ入団会見 左翼起用にも「不安は一切ない」

「自己ベストの成績を残して、もう一度ワールドシリーズに出てチャンピオンになりたい」――。

 ジャイアンツと正式契約した青木宣親外野手(33=前ロイヤルズ)がこう話した。

 20日(日本時間21日)、本拠地AT&Tパークで入団会見。会見にはラリー・ベアー球団社長、ボビー・エバンス副GMが同席し、50人を超える報道陣が集まるなど、期待と注目度の高さをうかがわせた。

 背番号はヤクルトとロイヤルズでつけていた「23」。かねて「優勝を狙えるチームでやりたい」と話していた青木は「強いところがこの球団に来た決め手。世界一が目標なので、達成するために来た」と意気込みを口にした。

 ジャイアンツでは本職の右翼ではなく左翼で起用されるが「不安は一切ない。どこでも守れるように準備してきた」と自信たっぷりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事