青木がジャイアンツ入団会見 左翼起用にも「不安は一切ない」

公開日: 更新日:

「自己ベストの成績を残して、もう一度ワールドシリーズに出てチャンピオンになりたい」――。

 ジャイアンツと正式契約した青木宣親外野手(33=前ロイヤルズ)がこう話した。

 20日(日本時間21日)、本拠地AT&Tパークで入団会見。会見にはラリー・ベアー球団社長、ボビー・エバンス副GMが同席し、50人を超える報道陣が集まるなど、期待と注目度の高さをうかがわせた。

 背番号はヤクルトとロイヤルズでつけていた「23」。かねて「優勝を狙えるチームでやりたい」と話していた青木は「強いところがこの球団に来た決め手。世界一が目標なので、達成するために来た」と意気込みを口にした。

 ジャイアンツでは本職の右翼ではなく左翼で起用されるが「不安は一切ない。どこでも守れるように準備してきた」と自信たっぷりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

もっと見る