• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君今季初勝利も復調遠く “メディアの標的”になる可能性

 完全復活までは、しばらく時間を要しそうだ。ヤンキース・田中将大(26)が12日(日本時間13日)のレッドソックス戦に登板。1本塁打を含む4安打4失点で5回を投げ終えたところで降板した。

 宿敵相手の今季初マウンドは味方打線が爆発し、序盤に大量援護を得ながら、苦しい投球が続いた。

 7-0で迎えた四回。突然、変化球の制球を乱す。先頭オルティスをカウント0-2と簡単に追い込みながら四球で歩かせると、続くH・ラミレスの打席で暴投を連発。無死三塁のピンチを招くと、そのラミレスの中犠飛で1点を返される。その後も持ち直すことなく、四球と味方の失策にも足を引っ張られて、この回3点を失った。五回には再び、ラミレスに中堅スタンド横のブルペンまで運ばれる一発を浴びるなど、最後までピリッとしなかった。

 周囲から懸念された直球の球威不足は明らかで、この日の最速は92マイル(約149キロ)。ストレートが走らなければ、変化球を効果的に使えない。実際、この日の田中は武器とするスプリット、ツーシームをレッドソックス打線に見極められてカウントを悪くする場面が目立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る