マー君今季初勝利も復調遠く “メディアの標的”になる可能性

公開日:  更新日:

 完全復活までは、しばらく時間を要しそうだ。ヤンキース・田中将大(26)が12日(日本時間13日)のレッドソックス戦に登板。1本塁打を含む4安打4失点で5回を投げ終えたところで降板した。

 宿敵相手の今季初マウンドは味方打線が爆発し、序盤に大量援護を得ながら、苦しい投球が続いた。

 7-0で迎えた四回。突然、変化球の制球を乱す。先頭オルティスをカウント0-2と簡単に追い込みながら四球で歩かせると、続くH・ラミレスの打席で暴投を連発。無死三塁のピンチを招くと、そのラミレスの中犠飛で1点を返される。その後も持ち直すことなく、四球と味方の失策にも足を引っ張られて、この回3点を失った。五回には再び、ラミレスに中堅スタンド横のブルペンまで運ばれる一発を浴びるなど、最後までピリッとしなかった。

 周囲から懸念された直球の球威不足は明らかで、この日の最速は92マイル(約149キロ)。ストレートが走らなければ、変化球を効果的に使えない。実際、この日の田中は武器とするスプリット、ツーシームをレッドソックス打線に見極められてカウントを悪くする場面が目立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る