マー君今季初勝利も復調遠く “メディアの標的”になる可能性

公開日: 更新日:

 完全復活までは、しばらく時間を要しそうだ。ヤンキース・田中将大(26)が12日(日本時間13日)のレッドソックス戦に登板。1本塁打を含む4安打4失点で5回を投げ終えたところで降板した。

 宿敵相手の今季初マウンドは味方打線が爆発し、序盤に大量援護を得ながら、苦しい投球が続いた。

 7-0で迎えた四回。突然、変化球の制球を乱す。先頭オルティスをカウント0-2と簡単に追い込みながら四球で歩かせると、続くH・ラミレスの打席で暴投を連発。無死三塁のピンチを招くと、そのラミレスの中犠飛で1点を返される。その後も持ち直すことなく、四球と味方の失策にも足を引っ張られて、この回3点を失った。五回には再び、ラミレスに中堅スタンド横のブルペンまで運ばれる一発を浴びるなど、最後までピリッとしなかった。

 周囲から懸念された直球の球威不足は明らかで、この日の最速は92マイル(約149キロ)。ストレートが走らなければ、変化球を効果的に使えない。実際、この日の田中は武器とするスプリット、ツーシームをレッドソックス打線に見極められてカウントを悪くする場面が目立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット