マー君に開幕投手を託すしかないヤンキースの“苦悩ローテ”

公開日:  更新日:

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すヤンキース・田中将大(26)が25日(日本時間26日)のメッツ戦に登板。オープン戦3試合目のマウンドは4回3分の2を4安打3失点。四回に4番メイベリーJrに一発を浴び、五回に9番レイノルズに二塁打を許したところで降板した。

 オープン戦で好投を続けてきた田中は、ここにきて開幕投手の有力候補に浮上した。昨季まで6年連続で開幕のマウンドに立ってきたエース左腕サバシア(34)は、28日オリオールズ戦の登板が決まった。通常の登板間隔では4月6日の開幕戦(ブルージェイズ戦)に投げられない。31日のツインズ戦で登板する田中が、中5日で大役を務めることになりそうだ。

 昨季途中に右膝を手術した15年目左腕サバシアの調整が遅れているとはいえ、ジラルディ監督が右肘に爆弾を抱える田中を開幕に起用するのはそれなりの理由がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る