マー君に開幕投手を託すしかないヤンキースの“苦悩ローテ”

公開日:  更新日:

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すヤンキース・田中将大(26)が25日(日本時間26日)のメッツ戦に登板。オープン戦3試合目のマウンドは4回3分の2を4安打3失点。四回に4番メイベリーJrに一発を浴び、五回に9番レイノルズに二塁打を許したところで降板した。

 オープン戦で好投を続けてきた田中は、ここにきて開幕投手の有力候補に浮上した。昨季まで6年連続で開幕のマウンドに立ってきたエース左腕サバシア(34)は、28日オリオールズ戦の登板が決まった。通常の登板間隔では4月6日の開幕戦(ブルージェイズ戦)に投げられない。31日のツインズ戦で登板する田中が、中5日で大役を務めることになりそうだ。

 昨季途中に右膝を手術した15年目左腕サバシアの調整が遅れているとはいえ、ジラルディ監督が右肘に爆弾を抱える田中を開幕に起用するのはそれなりの理由がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る