マー君に開幕投手を託すしかないヤンキースの“苦悩ローテ”

公開日: 更新日:

 右肘靱帯部分断裂からの完全復活を目指すヤンキース・田中将大(26)が25日(日本時間26日)のメッツ戦に登板。オープン戦3試合目のマウンドは4回3分の2を4安打3失点。四回に4番メイベリーJrに一発を浴び、五回に9番レイノルズに二塁打を許したところで降板した。

 オープン戦で好投を続けてきた田中は、ここにきて開幕投手の有力候補に浮上した。昨季まで6年連続で開幕のマウンドに立ってきたエース左腕サバシア(34)は、28日オリオールズ戦の登板が決まった。通常の登板間隔では4月6日の開幕戦(ブルージェイズ戦)に投げられない。31日のツインズ戦で登板する田中が、中5日で大役を務めることになりそうだ。

 昨季途中に右膝を手術した15年目左腕サバシアの調整が遅れているとはいえ、ジラルディ監督が右肘に爆弾を抱える田中を開幕に起用するのはそれなりの理由がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る