阪神戦で2安打2打点 ヤクルト大引は「杉村道場」で打撃覚醒

公開日: 更新日:

「大引は(通算で)2割5分の打者じゃない。本塁打も増えるはずだよ」

 こう言うのはヤクルトの杉村チーフ打撃コーチ。日本ハムからFA移籍した大引啓次(30)が、19日の阪神戦で本塁打を含む3打数2安打2打点。プロ8年で通算打率は.254、27本塁打。遊撃の堅守がウリだった男がバットで見せた。

 第1クール。大引は“杉村道場”の門を叩いた。

「打撃には3つのポイントがある。タイミング、打つポイント、バットの軌道。その中でバットの軌道が少し波を打つ感じだった。軌道がスムーズになって、球を呼び込んで逆方向に打てれば安打の確率は高くなる」(杉村打撃コーチ)

 連日、杉村コーチとともに特打やティーでフォーム修正に励んでいる。「開幕まで粘り強く続けていきたい」と話す大引は、1打席目では右前打。特訓の成果が徐々に表れつつある。

 ミレッジが右肩の手術明けで完調に至っておらず、バレンティンは来日すらしていない。両助っ人に過度の期待ができない中で、下位を任される大引がどこまで成績を伸ばせるか。打線のカギを握っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る