オリ泥沼 昨季のメンバー並べても結果出ず…6連敗で借金12

公開日: 更新日:

 今季10試合目の逆転負けで6連敗、借金が12に膨らんだのがオリックスだ。

 昨夜の対ソフトバンク戦。4番カラバイヨと6番中島を除いて、スタメンには昨年までのメンバーがズラリと並んだ。オフの30億円補強は効果がないどころか、ポジションのダブつきや外国人枠からはみ出す選手が出るなど、むしろマイナスに作用した。それならばと元のメンバーに戻したものの、それでも結果は出なかった。

 初回にカラバイヨの適時打で先制しながら、三回にあっさり試合をひっくり返された。

 リリーフ陣に故障者が続出。酷使がたたって昨季終盤はそろって青息吐息だったものの、オフに大枚をはたいて補強したのは、先発や一発のある長距離砲たち。持ち味だった機動力や小技をそぐ歪んだチームを、わざわざつくり上げた。今や最も頼れる4番が、キャンプ中のテストで取るかどうか最後まで逡巡した6人目の外国人にして、年俸1000万円のカラバイヨというのだから、フロントはカネの使い方を間違えたというしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  8. 8

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る