• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

古巣を心配も…楽天ペーニャが語る「オリ自由契約」の真相

 昨夜で5連勝の楽天の主砲として、チームを牽引しているのがこの男だ。昨季はオリックスで32本塁打、90打点をマークするも、オフに自由契約の憂き目に。今季はキャンプ終了間際の2月下旬に楽天と契約。ほとんど調整期間がなかったにもかかわらず、開幕から好調をキープしている。要因はなにか。本人を直撃した。

――ちょっといいですか?

「いいよ。なんだ?」

――開幕から3週間、本塁打こそ出ていませんが、好打率(.293)をキープしています。

「好調というわけではないけれど、今の時期はホームランを狙うよりボールをミートすることを心掛けている。それが結果的に打率につながっているんじゃないか」

――チーム合流は3月中旬。それから数試合の実戦で、準備は十分でしたか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る