中日の連続サヨナラ止めた 阪神・呉“改良ツーシーム”の威力

公開日: 更新日:

 中日ファンは2点を追う九回裏、4試合連続のサヨナラ勝ちを祈ったが、阪神の守護神・呉昇桓の前にナニータ、高橋周、大島が3者連続三振でゲームセット。今季本拠地2敗目を喫した。「(投打とも)もっとひと工夫あれば違っていたのに」と谷繁監督は嘆いた。

 中日ファンを落胆させた呉は、今季7試合目の登板。ここまではピリっとせず、中日との開幕カードも3連投で1セーブ2ホールドを挙げはしたものの、いずれもヒットを許した。この日はこれまでとは別人のような完璧な内容で5セーブ目をマーク。先発岩崎からバトンを受けた2番手金田が今季初勝利を手にした。

 今年、他球団が警戒しているのは呉の改良したツーシームだ。フォークボールは制球が難しいので、これまでのツーシームをシュートしながらより沈む軌道に変えたという。左打者にとっては落ちながら外角に逃げていき、右打者には手元で沈むやっかいな変化球だ。この日は高橋周がこのボールで料理された。

 阪神は借金を3に減らし、17日からは甲子園で巨人を迎え撃つ。最終回に呉が出てくれ、阪神ファンは気持ちよく六甲おろしを歌えるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る