中日の連続サヨナラ止めた 阪神・呉“改良ツーシーム”の威力

公開日:  更新日:

 中日ファンは2点を追う九回裏、4試合連続のサヨナラ勝ちを祈ったが、阪神の守護神・呉昇桓の前にナニータ、高橋周、大島が3者連続三振でゲームセット。今季本拠地2敗目を喫した。「(投打とも)もっとひと工夫あれば違っていたのに」と谷繁監督は嘆いた。

 中日ファンを落胆させた呉は、今季7試合目の登板。ここまではピリっとせず、中日との開幕カードも3連投で1セーブ2ホールドを挙げはしたものの、いずれもヒットを許した。この日はこれまでとは別人のような完璧な内容で5セーブ目をマーク。先発岩崎からバトンを受けた2番手金田が今季初勝利を手にした。

 今年、他球団が警戒しているのは呉の改良したツーシームだ。フォークボールは制球が難しいので、これまでのツーシームをシュートしながらより沈む軌道に変えたという。左打者にとっては落ちながら外角に逃げていき、右打者には手元で沈むやっかいな変化球だ。この日は高橋周がこのボールで料理された。

 阪神は借金を3に減らし、17日からは甲子園で巨人を迎え撃つ。最終回に呉が出てくれ、阪神ファンは気持ちよく六甲おろしを歌えるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る