まだ1勝の阪神藤浪 3連勝ハム大谷との「決定差」克服できず

公開日:  更新日:

 鳥谷の逆転2ランで連敗を6で止めた阪神だが、先発藤浪に不安が残った。

 21歳の誕生日に連敗ストッパーを託された右腕は、この日も五、六回にスタミナが切れた。甘いコースを野間、松山に長打にされ、勝ち越されて七回で降板した。

 初回には左前打で出塁の丸を無警戒。楽に盗塁を許すと、六回には田中のバント処理をミス(記録は内野安打)。七回には、1死一塁から安部の投ゴロを捕り、何を慌てたのか二塁ベース右側へ高い送球。鳥谷が腕を伸ばしてどうにか捕球し、体勢を崩しながら一塁へ送球したものの併殺は取れなかった。

 スタミナ不足や未熟なフィールディングのほかに、走者に対する意識の低さなどは、いずれも藤浪の課題とされていることだが、今も改善されていない。某球団のスコアラ―がこう言う。

「藤浪の課題は真剣に取り組めばすぐに修正できるものばかり。高校時代からストレートが速く、しかも多彩な変化球で打者を手玉にとってきたので、守備練習やクイック、牽制球など、細かいことをおろそかにしてきたのだろう。それにしても、プロ3年目になっても、自分に足りないもの、苦手なことを克服できないというのはどういうわけか。メジャーへ行ったダルビッシュや田中という高卒の先輩投手だけでなく、同級生の大谷とも決定的に違うところです」

 これで阪神のエースになれるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る