まだ1勝の阪神藤浪 3連勝ハム大谷との「決定差」克服できず

公開日: 更新日:

 鳥谷の逆転2ランで連敗を6で止めた阪神だが、先発藤浪に不安が残った。

 21歳の誕生日に連敗ストッパーを託された右腕は、この日も五、六回にスタミナが切れた。甘いコースを野間、松山に長打にされ、勝ち越されて七回で降板した。

 初回には左前打で出塁の丸を無警戒。楽に盗塁を許すと、六回には田中のバント処理をミス(記録は内野安打)。七回には、1死一塁から安部の投ゴロを捕り、何を慌てたのか二塁ベース右側へ高い送球。鳥谷が腕を伸ばしてどうにか捕球し、体勢を崩しながら一塁へ送球したものの併殺は取れなかった。

 スタミナ不足や未熟なフィールディングのほかに、走者に対する意識の低さなどは、いずれも藤浪の課題とされていることだが、今も改善されていない。某球団のスコアラ―がこう言う。

「藤浪の課題は真剣に取り組めばすぐに修正できるものばかり。高校時代からストレートが速く、しかも多彩な変化球で打者を手玉にとってきたので、守備練習やクイック、牽制球など、細かいことをおろそかにしてきたのだろう。それにしても、プロ3年目になっても、自分に足りないもの、苦手なことを克服できないというのはどういうわけか。メジャーへ行ったダルビッシュや田中という高卒の先輩投手だけでなく、同級生の大谷とも決定的に違うところです」

 これで阪神のエースになれるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?