まだ1勝の阪神藤浪 3連勝ハム大谷との「決定差」克服できず

公開日: 更新日:

 鳥谷の逆転2ランで連敗を6で止めた阪神だが、先発藤浪に不安が残った。

 21歳の誕生日に連敗ストッパーを託された右腕は、この日も五、六回にスタミナが切れた。甘いコースを野間、松山に長打にされ、勝ち越されて七回で降板した。

 初回には左前打で出塁の丸を無警戒。楽に盗塁を許すと、六回には田中のバント処理をミス(記録は内野安打)。七回には、1死一塁から安部の投ゴロを捕り、何を慌てたのか二塁ベース右側へ高い送球。鳥谷が腕を伸ばしてどうにか捕球し、体勢を崩しながら一塁へ送球したものの併殺は取れなかった。

 スタミナ不足や未熟なフィールディングのほかに、走者に対する意識の低さなどは、いずれも藤浪の課題とされていることだが、今も改善されていない。某球団のスコアラ―がこう言う。

「藤浪の課題は真剣に取り組めばすぐに修正できるものばかり。高校時代からストレートが速く、しかも多彩な変化球で打者を手玉にとってきたので、守備練習やクイック、牽制球など、細かいことをおろそかにしてきたのだろう。それにしても、プロ3年目になっても、自分に足りないもの、苦手なことを克服できないというのはどういうわけか。メジャーへ行ったダルビッシュや田中という高卒の先輩投手だけでなく、同級生の大谷とも決定的に違うところです」

 これで阪神のエースになれるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

もっと見る