DeNAに3タテ…阪神を今季も苦しめる「魔の八回」問題

公開日:  更新日:

 虎の“持病”が再発した。DeNAに3タテ食らった阪神。甲子園での開幕カードで同じ相手に3連敗するのは95年の広島戦以来、実に20年ぶりの屈辱だ。

 和田監督は「悲壮感はいらない。また明日から、新たな気持ちでやるしかない」と言ったが、悔やまれたのが八回の継投ではなかったか。

 そこまで粘りの投球を見せていた先発岩崎が1死後、筒香、ロペスに連打を浴びると、和田監督は右の福原にスイッチ。ベテラン右腕は1死一、三塁からバルディリスに右前打され、続く飛雄馬にも右越え適時二塁打を許して計2点を献上。これが決勝点となって負けた。

 阪神には「魔の八回」問題が残されている。リーグ2位の昨年は、防御率(3.88)がリーグ5位。614失点(同4位)のうち、八回の98失点が最多。守護神・呉の前に投げる投手が「弱点」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る