DeNAに3タテ…阪神を今季も苦しめる「魔の八回」問題

公開日:  更新日:

 虎の“持病”が再発した。DeNAに3タテ食らった阪神。甲子園での開幕カードで同じ相手に3連敗するのは95年の広島戦以来、実に20年ぶりの屈辱だ。

 和田監督は「悲壮感はいらない。また明日から、新たな気持ちでやるしかない」と言ったが、悔やまれたのが八回の継投ではなかったか。

 そこまで粘りの投球を見せていた先発岩崎が1死後、筒香、ロペスに連打を浴びると、和田監督は右の福原にスイッチ。ベテラン右腕は1死一、三塁からバルディリスに右前打され、続く飛雄馬にも右越え適時二塁打を許して計2点を献上。これが決勝点となって負けた。

 阪神には「魔の八回」問題が残されている。リーグ2位の昨年は、防御率(3.88)がリーグ5位。614失点(同4位)のうち、八回の98失点が最多。守護神・呉の前に投げる投手が「弱点」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る