“新球”キレキレ 阪神守護神・呉昇桓が早くも「メジャー仕様」

公開日:  更新日:

「新球のツーシームは左打者の外角に沈む。昨季とは違い、対左打者に左右で揺さぶってくるようなら厄介ですね」

 阪神の守護神・呉昇桓(32)について、ネット裏の他球団のスコアラーが警戒を強めている。

 18日、呉はヤクルトとの練習試合に八回から登板。山田に一発を浴びたが、左打者の奥村を“新球”ツーシームで内野ゴロに打ち取るなど、昨季とは違った投球でライバル球団をうならせた。

 呉は今季からツーシームの改良に取り組んでいる。昨季は“石直球”といわれるストレートを中心にカットボールを織り交ぜる投球スタイルで最優秀救援投手のタイトルを獲得した。しかし昨季終了後、ストレートをより生かすために中西投手コーチから「落ちる球」の習得指令が出た。そこで呉は、シュート気味に横滑りしていたツーシームを、沈むようにマイナーチェンジしたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る