“新球”キレキレ 阪神守護神・呉昇桓が早くも「メジャー仕様」

公開日: 更新日:

「新球のツーシームは左打者の外角に沈む。昨季とは違い、対左打者に左右で揺さぶってくるようなら厄介ですね」

 阪神の守護神・呉昇桓(32)について、ネット裏の他球団のスコアラーが警戒を強めている。

 18日、呉はヤクルトとの練習試合に八回から登板。山田に一発を浴びたが、左打者の奥村を“新球”ツーシームで内野ゴロに打ち取るなど、昨季とは違った投球でライバル球団をうならせた。

 呉は今季からツーシームの改良に取り組んでいる。昨季は“石直球”といわれるストレートを中心にカットボールを織り交ぜる投球スタイルで最優秀救援投手のタイトルを獲得した。しかし昨季終了後、ストレートをより生かすために中西投手コーチから「落ちる球」の習得指令が出た。そこで呉は、シュート気味に横滑りしていたツーシームを、沈むようにマイナーチェンジしたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る