• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム斎藤佑またKO…それでも栗山監督“特別扱い”のなぜ?

 こうなるだろうと誰もが予想していたはずだ。

 17日の楽天戦で今季2度目の先発マウンドに上がった日本ハムの斎藤佑樹(26)。二回と四回に適時打を浴び、四回途中5安打2四球4失点で「お役御免」となった。

「チームがいい雰囲気で戦ってきているのに、こういうピッチングをしてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 と肩を落とした斎藤。降板後は悔しげにベンチを拳で叩いたが、相も変わらず成長のカケラが見えない。上体頼みの投球でボールは高く、制球もバラバラ。不利なカウントからストライクを取りにいって打たれた。

 そんな斎藤を栗山監督だけはいまだに特別扱いしている。

 前回登板の2日は8点リードをもらいながら、五回途中3失点で降板。この時、栗山監督は「普通の投手だったら(失点した)前の回で交代だったかもしれない」と話していた。斎藤なんてプロ入りしてからは普通の投手。特別扱いする理由は見当たらない。そんなことを続けていたら、チームの和が乱れるだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る