日ハム斎藤佑またKO…それでも栗山監督“特別扱い”のなぜ?

公開日: 更新日:

 こうなるだろうと誰もが予想していたはずだ。

 17日の楽天戦で今季2度目の先発マウンドに上がった日本ハム斎藤佑樹(26)。二回と四回に適時打を浴び、四回途中5安打2四球4失点で「お役御免」となった。

「チームがいい雰囲気で戦ってきているのに、こういうピッチングをしてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 と肩を落とした斎藤。降板後は悔しげにベンチを拳で叩いたが、相も変わらず成長のカケラが見えない。上体頼みの投球でボールは高く、制球もバラバラ。不利なカウントからストライクを取りにいって打たれた。

 そんな斎藤を栗山監督だけはいまだに特別扱いしている。

 前回登板の2日は8点リードをもらいながら、五回途中3失点で降板。この時、栗山監督は「普通の投手だったら(失点した)前の回で交代だったかもしれない」と話していた。斎藤なんてプロ入りしてからは普通の投手。特別扱いする理由は見当たらない。そんなことを続けていたら、チームの和が乱れるだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る