日ハム斎藤佑またKO…それでも栗山監督“特別扱い”のなぜ?

公開日: 更新日:

 こうなるだろうと誰もが予想していたはずだ。

 17日の楽天戦で今季2度目の先発マウンドに上がった日本ハム斎藤佑樹(26)。二回と四回に適時打を浴び、四回途中5安打2四球4失点で「お役御免」となった。

「チームがいい雰囲気で戦ってきているのに、こういうピッチングをしてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 と肩を落とした斎藤。降板後は悔しげにベンチを拳で叩いたが、相も変わらず成長のカケラが見えない。上体頼みの投球でボールは高く、制球もバラバラ。不利なカウントからストライクを取りにいって打たれた。

 そんな斎藤を栗山監督だけはいまだに特別扱いしている。

 前回登板の2日は8点リードをもらいながら、五回途中3失点で降板。この時、栗山監督は「普通の投手だったら(失点した)前の回で交代だったかもしれない」と話していた。斎藤なんてプロ入りしてからは普通の投手。特別扱いする理由は見当たらない。そんなことを続けていたら、チームの和が乱れるだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

もっと見る